「アートを通じた新しい教養教育の誕生」×日本ボランティア学会共催 公開ワークショップ

開催日 2010/6/12(土)
時間 13:00~19:30
  ワークショップ13時~17時
  トーク18時~19時30分(途中退出可)
会場 明治学院大学白金キャンパス  本館1101教室
主催 日本ボランティア学会2010年年次大会実行委員会 明治学院大学教養教育センター付属研究所研究プロジェクト 「アートを通じた新しい教養教育の探求」
自分たちの居場所をつくりませんか?
 明治学院大学の中庭「ヴォーリズ広場」で、500個の
ダンボールピースを組み合わせて、巨大なシェルター
をつくります。
 どんなカタチにしたいかは、参加者全員のアイデア
次第です。ものづくりの経験がなくても大丈夫。実は、
ダンボールピースに秘密があります。秘密は見てのお
楽しみ!
 力をあわせてすてきなシェルターを作りましょう!

・ インクルーシブ・アーキテクチャーについて
 建築は決して建築家個人に還元できるものではあり
ません。にもかかわらず、建築が建つ場所やプロセス
におけるコミュニティを軽視するあまり、「箱物建
築」と呼ばれる空虚な建築が多く存在します。また、
建築は多くの場合、高度な産業技術によって成り立っ
ており、建築家と建築物を使う人(設計する人と設計
される人)の二元化をもたらしています。
 私たちはインクルーシブデザインの手法を使ってだ
れもが「つくる」楽しさを共有でき、だれもが主体的
に建築行為にかかわることができるような道具と建築
素材のデザインにとりくんでいます。
 今回のシェルターづくりは、2009年1月~3月にかけ
て、奈良・大阪にて実施したワークショップをベース
にして構成されています。これらのワークショップで
は、障害のある人や、建築についての知識や経験のな
い人たちが、道具づくりや素材づくりにかかわり、誰
でもが参加できる建築手法をうみだしました。


インクルーシブデザイン
・・・英国王立芸術大学院大学にあるヘレンハムリン・センター
が提唱した、魅力的で革新的なデザインをめざすデザインコン
セプトです。これまでデザインのメインターゲットから除外され
てきた高齢者や障害のある人などにも積極的にデザインプロセス
に参加してもらう手法です。日本では財団法人たんぽぽの家が大
学やデザイナーと協力しながら普及活動をしています。


2010/6/12(土)13:00~19:30
  ワークショップ13時~17時
  トーク18時~19時30分(途中退出可)
会場  明治学院大学白金キャンパス  本館1101教室
定員 30名
参加費 500円
(高校生以下無料。明治学院大学学生は学生証の提示により免除されます)
    
主催  日本ボランティア学会2010年年次大会実行委員会 
    明治学院大学教養教育センター付属研究所研究プロジェクト
     「アートを通じた新しい教養教育の探求」

ファシリテーター 
 家成俊勝(dot architects)
 水野大二郎(京都造形大学講師)
 岡部太郎(財団法人たんぽぽの家)

参加申し込み(名前、所属を明記のこと)
 ◆教養教育センター付属研究所
kkc@gen.meijigakuin.ac.jp
(電話:045-863-2067)

お問い合わせ先

参加申し込み(名前、所属を明記のこと)

◆教養教育センター付属研究所
kkc@gen.meijigakuin.ac.jp
(電話:045-863-2067)

Back