市民講座「今、子どもを育てながらはたらくこと ~地域が応援できることは何…?~」

開催日 2010年7月10日(土)
時間 午前10時~12時
会場 白金校舎 2号館2201教室
主催 社会学部付属研究所     協力:港区立子ども家庭支援センター
内容 地域にはいろいろなママやパパがいます。働き方やその考え方もいろいろです。
今回の市民講座は、働くことと子育てをめぐる課題についてです。
子どもを育てながら働くことを地域社会はどう受けとめて、応援したり支え合ったりしたらよいか、参加者と講師と共に考える機会にしたいと思います。

◎基調講義
「仕事と家庭の両立をめぐる制度や支援の仕組み」
 講師:両角道代(本学法学部教授)

*講師:両角 道代(もろずみみちよ)プロフィール 
明治学院大学法学部教授
専門は、スウェーデンの労働法・社会保障法。最近は北欧諸国のワーク・ライフ・バランスについて研究。2008~2009年度厚生労働省「仕事と家庭の両立をめぐる研究会」(育児介護休業法改正の方向性)に参加。6歳と1歳の子どものいるワーキングマザー。

◎質疑応答&意見交換・まとめと交流
基調講義に関する質疑応答の他、子どもを育てながら働くことを地域社会はどう受けとめて、応援したり支え合ったりしたらよいか、参加者と講師と共に考える機会にしたいと思います。

対象 どなたでも 
  「今の人はなんで子育て中も働くの?」と思う方
  働きながら子育て中のママやパパ 
  もっと子育てに関わりたいのに~と思っているパパ 
  働くママ・パパを応援しようと思っている方そのほか、どなたでも歓迎です。 



申込 事前申込をお願いします(先着順)。
7月9日(金)までにFAX・Eメール・TELにて、下記までお申し込みください。
(定員:50名)
参加費 500円(茶菓を提供します)
その他 ・手話通訳つき
・保育あり
 未就学のお子さん定員5名程度(定員を超えた場合は抽選とします)。
 保育会場は、本学内社会学部付属研究所となります。
 6月30日(水)までに下記へお申し込みください。



            


お問い合わせ先

明治学院大学社会学部付属研究所 

〒108-8636 港区白金台1-2-37 
TEL03-5421-5204・5205 FAX03-5421-5205
Eメール issw@soc.meijigakuin.ac.jp

Back