明治学院大学文学部芸術学科・国立西洋美術館 共催シンポジウム デューラー受容史500年

開催日 2010年11月13日(土)
時間 10:00~18:00
会場 明治学院大学白金校舎2号館2301教室
主催 明治学院大学文学部芸術学科、言語文化研究所、国立西洋美術館
タイムスケジュール 10:00 開会の辞
10:05 第一部:近世
    司会・総論   佐藤 直樹(東京芸術大学)
10:45 下村 耕史(九州産業大学) 「『デューラー的身体』の受容」
11:25 休憩
11:40 平川 佳世(京都大学)
「幻の名画を求めて -16、17世紀におけるデューラー素描の絵画化」
12:20 コメント    秋山 聰(東京大学)

12:40 昼休み

14:00 第二部:近現代
    司会・総論   大原 まゆみ(明治学院大学)
14:40 尾関 幸(東京学芸大学) 「ナザレ派におけるデューラー受容」
15:20 休憩
15:35 新藤 淳(国立西洋美術館)
「映画の時代が見出した黒線のリズム -初期パノフスキーのデューラー論をめぐって」

16:15 コメント    田中 淳(東京国立文化財研究所)
16:35 休憩
16:55 ディスカッション 勝國 興(同志社大学名誉教授)
17:55 閉会の辞
18:00 閉会
協力:ドイツ語圏美術史研究連絡網
アクセス 都営浅草線「高輪台」駅、南北線「白金台」駅下車徒歩7分
南北線「白金高輪」駅徒歩10分
JR目黒駅、品川駅より都バス(品93系統)で5分

*入場無料
*事前申込不要 どなたでもお気軽にお越し下さい

お問い合わせ先

明治学院大学文学部芸術学科
TEL 03-5421-5380
FAX 03-5421-5502

Back