椎名麟三の文学研究

開催日 2010年12月11日(土)
時間 13:30-16:00
会場 キリスト教文化研究
主催 キリスト教文化研究
第3回公開研究会 (13:30-14:40) 「椎名麟三未発表創作ノート(1943(昭和18)年」
(1)『男の悲劇ノート』挿話―(少年時代) (2)『光靜かなるところ』

 前回2009年7月の研究会では、昭和34年から35年にかけての取材ノートについて論じたが、今回は昭和17年~18年の未発表「創作ノート」をとりあげる。記述された少年時代の瑞々しい発想が、その後の彼の小説の原点にあることがうかがえて貴重であり、このノートを通して椎名文学への理解と親しみを深めたい。
講師 丸山義王(キリスト教研究所協力研究員)
第4回公開研究会 (14:50-16:00) 「埴谷雄高『死霊』と椎名麟三の文学」
 椎名麟三も埴谷雄高も、ともにドストエフスキーの〈神〉と〈自由〉の問題から出発し、椎名麟三は『邂逅』へ、埴谷雄高は『死霊』へと、その世界は対照的に見える。今回は、とくに「《最後の審判》」などの章をもつ埴谷雄高の『死霊』全9章を読み解きつつ、椎名文学との接点にある〈希望〉を見つめ直してみたい。
講師 小林孝吉(文芸評論家・キリスト教研究所協力研究員)
申込不要、入場無料

お問い合わせ先

明治学院大学キリスト教研究所 
〒108-8636東京都港区白金台1-2-37 
TEL:03-5421-5210 FAX:03-5421-5214 
E-mail:kiriken@chr.meijigakuin.ac.jp

Back