明治学院大学芸術学科講演会/日本アルバン・ベルク協会特別例会 「カルルス・パドリッサ 同時代オペラを語る」

開催日 2011年6月2日(木)
時間 午後7時~9時
会場 明治学院大学白金校舎アートホール
主催 日本アルバン・ベルク協会、 明治学院大学芸術学科
ラ・フラ・デルス・バウスは、現在、オペラの世界の第一線で最も大きな注目を集めるアーティスト集団です。ズービン・メータの指揮によりフィレンツェやバレンシアで上演された《ニーベルングの指輪》の極めて斬新なステージで話題をさらった他、我が国では、パリ・オペラ座の来日公演におけるバルトーク/ヤナーチェクで好評を博したことも記憶に新しいところでしょう。加えて彼らは、去る4月には、シュトックハウゼンの大作《リヒト》の最終章、《日曜日》全曲をケルンで舞台にかけ、圧倒的な成功を収めたばかりです。
このラ・フラ・デルス・バウスの中心人物の1人、カルルス・パドリッサの来日に合わせ、明治学院大学のキャンパスに彼を迎えて、現代におけるオペラの在り方について、殊に、彼らが近年、積極的に取り上げている同時代オペラへのアプローチについて、お話を伺います。
講師:カルルス・パドリッサ(演出家/ラ・フラ・デルス・バウス)
モデレーター:岡部真一郎(明治学院大学教授/日本アルバン・ベルク協会事務局長)

通訳つき 入場無料
協力:サントリー芸術財団

お問い合わせ先

芸術学科共同研究室 03-5421-5380

URL: http://www.albanberg.jp/  (日本アルバン・ベルク協会)
http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/index.html(明治学院大学芸術学科)

Back