明治学院大学文学部芸術学科講演会/日本アルバン・ベルク協会 特別例会 ラウンドテーブル『瀧の白糸』-映像×音楽

開催日 2011年7月26日(火)
時間 午後6時30分~8時30分
会場 明治学院大学白金校舎アートホール
主催 日本アルバン・ベルク協会、 明治学院大学芸術学科
 パリと東京を拠点とする作曲家、望月京が、ルーヴル美術館の委嘱により、溝口健二のサイレント映画『瀧の白糸』(1933年)のためにスコアを書き下ろしたのは、2007年のことでした。同美術館における世界初演の大成功の後、溝口×望月の『瀧の白糸』はオランダ、スイス、ドイツなどで再演を重ね、好評を博してきました。
 そして今年、いよいよ待望の日本初演が実現します(8月24日、27日 サントリーホール)。それに先立ち、フィルム復元の歴史に詳しいとちぎあきら氏を招き、また、『瀧の白糸』論を発表したばかりの映画研究者である斉藤綾子、そして作曲家自身を囲んで、時代とジャンルを越えた共同作業から生まれたこの傑作に様々な角度から光を当てます。


パネリスト
  望月京(明治学院大学准教授)
  とちぎあきら(東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員)
  斉藤綾子(明治学院大学教授)
  岡部真一郎(明治学院大学教授/日本アルバン・ベルク協会事務局長)


入場無料
主催:明治学院大学文学部芸術学科
日本アルバン・ベルク協会
公益財団法人サントリー芸術財団

協力:東京国立近代美術館フィルムセンター
明治学院大学芸術学科研究室(tel:03-5421-5380)

URL: http://www.albanberg.jp/  (日本アルバン・ベルク協会)
http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/index.html(明治学院大学芸術学科)

お問い合わせ先

明治学院大学芸術学科研究室(tel:03-5421-5380)

Back