21世紀ヨーロッパのポピュラー音楽

開催日 2011年12月16日(金)
時間 13時25分~14時55分
会場 横浜校舎 521教室
主催 文学部芸術学科・言語文化研究所
講師 ニコ・トーム  Nico Thom
ワイマール音楽大学研究員(ジャズ・ポピュラー音楽の歴史)
アイゼナッハ国際ジャズ・ポピュラー音楽アーカイヴ学芸員
ロストック音楽演劇大学およびクラーゲンフルト大学講師
通訳 加藤拓未
明治学院歴史資料館研究調査員
(明治学院大学大学院芸術学専攻博士後期課程修了・芸術学博士)
内容 20世紀のポピュラー音楽はアメリカ市場に独占されてきました。21世紀の最初の10年間でどうでしょう。
他の大陸(アジア、南米、アフリカ、ヨーロッパ)のポピュラー音楽の伝統は市場解放に成功したのか、
それともいまだにアメリカ主導は続くのか。この講演は2000年以降のヨーロッパ・ポピュラー音楽に
話題を絞ります。新しいヨーロッパ・サウンドというべき特質をもった発展があったか、その主役たち
の紹介を含めて論じたいと思います。
※どなたでも参加できます。予約不要。直接会場へお越し下さい。 (英語・通訳あり)

お問い合わせ先

言語文化研究所
03-5421-5213
gengo@ltr.meijigakuin.ac.jp

Back