PRIME提供科目 白金校舎 「原発危機の分断を越えて」

開催日 2012年9月28日(金)~2013年1月11日(金)
時間 16:25~17:55
会場 白金校舎 2号館 地下1階 2101教室
聴講無料です。一般の方は、直接会場にお越しください。
主催 国際平和研究所、教養教育センター
***講義のねらい***

東京電力福島第一原子力発電所の事故は、その深刻さがますます明らかになっている。周辺地域の被害はもとより、放射能大量放出の将来にわたる地球社会への影響は甚大である。 原子力エネルギーを組み込んできた社会構造のもとで、今あらゆる人がこの災害の当事者でありながら、しかし同時にその被害によって分断を余儀なくされている。それぞれがどのようにつながり、共同性を創出し得るか、大学はそれにどのように関与できるのか、さまざまな視点から考えてゆく。

【第1回】
9/28 <喪失> 東電原発事件のホトリに立つ
安齋徹氏(負けねえど飯舘)
新井卓氏(写真家)

【第2回】
10/5  <共有> それぞれの原発事故経験
猪瀬浩平(PRIME所員、教養教育センター教員)

【第3回】
10/12 <市民科学> 放射能災害の中での産業復興
石井秀樹氏(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター)


【第4回】
10/19 <経済> 脱原発の経済へ
服部圭郎(PRIME所員、経済学部教員)

【第5回】
10/26 <動物> 動物をすくう、動物にすくわれる
森絵都氏(作家)

【第6回】
11/9 <脱成長> 原発災害の中で、これからの社会を構想する
勝俣誠(PRIME所長、国際学部教員)

【第7回】
11/16 <平和学> 原発災害からの平和学の構築
浪岡新太郎(PRIME主任、国際学部教員)

【第8回】
11/23 <語り合う> ディスカッション

【第9回】
11/30 <子ども> 放射能から子どもたちを守るネットワーク
吉野裕之氏(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)

【第10回】
12/7 <運動> 反原発デモは社会を変えたのか?
小田原琳氏(大学講師、NPOてんぐるま、ふくふく)
木下ちがや氏(大学講師、官邸前抗議行動スタッフ)
石原俊 (PRIME所員、社会学部教員)

【第11回】
12/14 <NGO> 福島と世界を結ぶ十字路に立つ
白川徹氏(日本国際ボランティアセンター)

【第12回】
12/21 <公害運動> 公害史から東電原発事件を考える
藤川賢(PRIME所員、社会学部教員)

【第13回】
<学習> 311後の社会をめぐって
猪瀬浩平(PRIME所員、教養教育センター教員)

【第14回】
1/11 <まとめ> 講義の振り返り

お問い合わせ先

国際平和研究所
電話:03-5421-5652 E-mail:prime@prime.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime">http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime

Back