公開シンポジウム「北東アジア非核兵器地帯へ―地域安全保障への包括的アプローチ」

開催日 2012年12月10日(月)
時間 18:00~20:00
会場 明治学院大学白金校舎 本館10階大会議場
主催 国際平和研究所など6団体
概要 「核兵器に依存しない安全保障」に向けた枠組みとして、非核兵器地帯という構想が
注目されて久しい。私たちの住む北東アジアにおいても、実現に向けた努力が議員や
NGOレベルで進んでいる。だがその一方で、朝鮮半島の非核化に向けた政府間協議で
ある「6か国協議」は難航し、打開の道筋は見えていない。こうした中、現在の困難
を乗り越え、北東アジア非核兵器地帯を実現する新しいアプローチが模索されてい
る。著名な国際政治学者であり、米朝交渉にも関与した元米政府高官のモートン・ハ
ルベリン博士が提唱する北東アジア包括的安全保障協定構想もその一つである。本シ
ンポジウムでは、ハルペリン博士、日中韓や国連の専門家らとともに、包括的アプ
ローチによる北東アジア非核兵器地帯の実現の可能性を探ってゆきたい。
プログラム(同時通訳付き) ■基調講演 
モートン・H・ハルペリン氏 (オープン・ソサエティ財団上級顧問、元米大統領特
別補佐官)

■パネル討論 
ピーター・ヘイズ氏 (ノーチラス研究所所長)
李起豪(イ・キホ)氏 (韓国・韓信大学 平和と公共性センター長)
張貴洪(チャン・グィホン)氏 (中国・復旦大学 国連・国際機関研究センター
長)
ランディ・ライデル氏 (国連軍縮局上級専門官)
アラン・ウェア氏 (PNNDグローバル・コーディネーター)、他

司会・進行: 梅林宏道氏 (RECNAセンター長)
共催 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)、核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)・日
本、核兵器廃絶長崎連絡協議会、ノーチラス研究所、長崎大学、長崎大学核兵器廃絶
研究センター(RECNA) 
入場無料・事前申し込み不要

お問い合わせ先

PNND日本サポートグループ TEL:045-563-5101

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/

Back