「政治と音楽」ミニ・シンポジウム

開催日 2012年12月22日(土)
時間 17:00-20:00 
会場 明治学院大学白金キャンパス 本館92会議室
主催 国際学部付属研究所
報告者:東谷護(音楽社会学/成城大学文芸学部准教授)
タイトル: 占領期日本のポピュラー音楽文化 -米軍クラブを手がかりに-
コメンテーター:芝崎祐典(国際政治史/筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授)
司会:半澤朝彦(政治と音/明治学院大学国際学部准教授)

概要:
 占領期日本(1945~1952)に現れた、米軍基地という「アメリカ」の中に設置されたクラブを巡る音楽実践に焦点をあて、これら米軍クラブにおけるポピュラー音楽文化が内包している文化的意義の考究を目指す。

参考文献等:
  東谷護『進駐軍クラブから歌謡曲へ-戦後日本ポピュラー音楽の黎明期-』(みすず書房)   阿部勘一・ほか『ブラスバンドの社会史-軍楽隊から歌伴へ-』(青弓社)   阪本順治・脚本・監督『この世の外へ-クラブ進駐軍-』=映画(DVDあり)

お問い合わせ先

国際学部付属研究所:045-863-2267

Back