PRIME公開研究会 「激動するエジプト情勢をどうみるか~『アラブの春』後の情勢に迫る~」

開催日 2013年8月26日(月)
時間 19時~21時
会場

明治学院大学 白金キャンパス 本館1201教室

     

主催 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)、国際平和研究所(PRIME)
概要 2011年1月に始まった、エジプトでの「アラブの春」。ムバラク政権を退陣に追い込み、2012年には、ムスリム同胞団を中心とする政権が民主的な選挙で発足しましたが、今年に入り、軍のクーデター、そして、流血の事態へと発展しています。激動するエジプト情勢をどうとらえたらよいか、そして、チュニジアから始まったアラブの春はどこへ向かおうとしているのか。 朝日新聞中東アフリカ総局長として、エジプト情勢を間近に見、取材を続けてこられ、2013年5月に帰国された石合力さん(現・朝日新聞国際報道部長)に語っていただきます。
ゲスト・スピーカー 石合 力 さん ≪プロフィール≫ 朝日新聞国際報道部長。カイロ、ワシントン、政治部次長、国際報道部次長、GLOBE副編集長などを経て、2011年1月から中東アフリカ総局長として、「アラブの春」に揺れる中東各国を現地取材。今年6月から現職。共著に「核兵器廃絶への道」(朝日新聞社)。同志社大一神教学際研究センター共同研究員。
モデレーター 東澤 靖 さん 国際平和研究所(PRIME)所員、特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ理事
参加費 資料代500円 (※明治学院大学学生、関係者は無料)
申し込み 人数把握のため事前にお申し込みいただけると幸いです。 「8/26(月)エジプト勉強会参加希望」と明記し、氏名/連絡先をお書き添えの上、ヒューマンライツ・ナウ事務局へメール(info@hrn.or.jp) または、FAX(03-3834-1025)までお申し込みください。

Back