明治学院創立150周年記念 よみがえる いにしえのアイリッシュ・ハープ~最後のアイリッシュ・ハープ奏者パトリック・バーン没後150周年記念 レクチャーコンサート~

開催日 11月24日(日)
入場無料、予約不要 直接会場にお越しください。
時間 開場13:30
開演14:00
会場 明治学院大学 白金キャンパス パレットゾーン内アートホール
(正門から入って一番奥(北側)の建物が生協や学食が入っているパレットゾーンです。二階の奥にアートホールがございます)
主催 明治学院大学芸術学科
内容紹介 金属弦が張られたアイリッシュ・ハープは、1000年前の11世紀頃からアイルランドで演奏されつづけていました。しかし19世紀後半、最後のアイリッシュ・ハープ奏者パトリック・バーンの死により、この楽器は歴史の表舞台から姿を消すことになります。その後、ながらく忘れられた楽器となりましたが、20世紀後半から復興運動がおこり、演奏されるようになりました。
今回はバーンの没後150周年を記念し、華々しくよみがえった金属弦アイリッシュ・ハープの世界をお話と演奏によって紹介します。

第一部 講演
最後のアイリッシュ・ハープ奏者パトリック・バーン

第二部 演奏
よみがえる いにしえの響き~真鋳弦アイリッシュ・ハープコンサート~
演奏予定曲目 Da mihi manum
Eileen A Ruin
Wild Geese
Celia Connellan
O' Flynn
The Blackthorn 他
出演 寺本圭佑(講演、演奏)
京都市出身のアイリッシュ・ハープ奏者、研究家、教師。
専門は18世紀以前のアイルランドにおけるハープ音楽。
千年の歴史を持ちながら19世紀末に姿を消した幻の楽器
「金属弦アイリッシュ・ハープ」の復興運動に献身。
演奏会や講演、ワークショップを通して、全国で普及活動を展開。
博士論文『18世紀アイルランドのハープ音楽』で芸術学博士(明治学院大学)。
明治学院大学文学部芸術学科非常勤講師(音楽学)。
今年金属弦ハープソロCD『ワイルドギース』を発表。iTunesでも販売中。
横浜市に日本画家の妻と猫と在住。詳しくは「寺本 ハープ」で検索。
アクセス
◆白金台駅 東京メトロ南北線 都営地下鉄三田線 2番出口徒歩約7分
◆白金高輪駅 東京メトロ南北線 都営地下鉄三田線 1番出口徒歩約7分
◆高輪台駅 都営地下鉄浅草線 A2番出口徒歩約7分

所在地
〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37

お問い合わせ先

queenmaryharp@gmail.com(寺本)

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

Back