【JCJ主催・PRIME協賛】JCJ12月集会「ものが言えない社会[秘 密 社 会]は何をもたらすか-戦前・戦後のメディアと秘密保護法-」

開催日 2013年12月7日(土)
時間 13:30~17:00
会場 白金校舎本館2階1255教室
主催 日本ジャーナリスト会議(JCJ) 協賛:明治学院国際平和研究所(PRIME)

1 日本はどう戦争に突入したのかー言語表現の自由を中心に
報告:大日方純夫さん
早稲田大学教授、日本近代史専攻。
日中韓3国の研究者による共同研究の日本側代表。
『未来を拓く歴史―東アジアの近現代史』(高文研)で2005年JCJ
特別賞。著書に『警察の社会史』(岩波新書)、『維新政府の密偵たち』(吉川弘文館)、『自由民権運動と立憲改進党』(早稲田大学出版会)など多数


2 戦争の反省と戦後のメディアー平和と人権の思想はどう反映されたか
報告:松田 浩さん
日本経済新聞記者から立命館大学教授、関東学院大学教授などを歴任
著書に『ドキュメント放送戦後史1-知られざるその軌跡』(双柿舎)、『放送戦後史2-操作とジャーナリズム』(双柿舎)、『NHK-問われる公共放送』(岩波新書)など。JCJ会員

 3 鼎談「歴史から学ぶということ」
大日方純夫教授
松田 浩さん
吉原 功(司会、明治学院大学名誉教授、明治学院大学国際平和研究所客員所員、JCJ代表委員、)


参加費 資料代1000円(学生500円)明治学院大学生・教職員は無料
事前申し込み   不要

お問い合わせ先

電話03-3291-6475(日本ジャーナリスト会議)

Back