【PRIME共催研究会】終わらない3.11原発震災の被害―北関東の被災者・福島県からの避難者調査から考える―

開催日 2014年2月8日(土)
時間 13:00~16:30
会場 白金校舎本館2階1201教室
主催 宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト 群馬大学社会情報学部附属社会情報学研究センター 茨城大学人文学部市民共創教育研究センター 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
概要 3.11原発震災から3年近くが経過するなか、原発事故に起因する放射能汚染は継続しており、福島県と北関東をはじめとする周辺被災地域において、深刻な被害が続いています。しかし、福島県外の「低認知被災地」や、福島県外での生活を余儀なくされている避難者には、いまだに十分な支援が届いていません。栃木県、群馬県、茨城県において実施した被災者アンケート、福島県からの避難者のアンケート調査(各種)にもとづいて、終わらない被害の現状とその問題構造、そして今後必要な支援の在り方について考えます。


※入場無料・事前申し込み不要
プログラム 第1部 北関東地域の被災者調査報告
① 栃木県内被災地域 乳幼児保護者アンケート(清水奈名子 宇都宮大学)
② 群馬県内被災地域 被災者アンケート(西村淑子 群馬大学)
③ 茨城県内被災地域 被災者アンケート(原口弥生 茨城大学)
④ 福島県からの避難者アンケート
(高橋若菜、阪本公美子、匂坂宏枝 宇都宮大学)

第2部 パネル・ディスカッション
「終わらない被害と被災者の救済を考える」
司会:重田康博(宇都宮大学)


パネリスト紹介 伊藤和子(いとう かずこ)
弁護士。国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長。日弁連両性の平等に関する委員会委員。同国際人権問題委員会特別委嘱委員。UN Women アジア太平洋地域アドバイザー。国際人権法学会。・ジェンダー法学会理事。
●手塚真子(てづか まこ)
栃木県那須塩原市在住。栃木県北部の放射能汚染問題への対応を進めるため、「那須塩原放射能から子どもを守る会」を立ち上げ、現在も代表として活動中。 
●大山 香(おおやま かおり)
福島県富岡町出身、栃木県宇都宮市在住。福島市からの自主避難者として、「とちぎ暮らし応援会」の訪問支援員、「栃木避難者母の会」代表として活動中。
●荻三枝子(おぎ みえこ)
「関東子ども健康調査基金」共同代表として、関東地域での甲状腺検査を継続的に実施。代表をつとめる「明日への風~いちから」は、ひたちなか市近辺の広域避難者への寄り添い活動も展開。
●他


お問い合わせ先

明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
℡:03-5421-5652 Mail. prime@prime.meijigakuin.ac.jp

Back