【PRIME共催研究会】「終わらない3.11原発震災の被害―北関東の被災者・福島県からの避難者調査から考える―」アンケート報告会・パネルディスカッション開催

開催日 2014年2月8日(土)
時間 13:00~16:30
会場 明治学院大学白金キャンパス 本館2階1201教室
主催 宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト 群馬大学社会情報学部附属社会情報学研究センター 茨城大学人文学部市民共創教育研究センター 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
プログラム 13:0013:10    主催者挨拶 ほか
13:1014:50    第1部 北関東地域の被災者・避難者調査報告
                              司会:齋藤百合子(明治学院大学 国際平和研究所所員)
                       ① 茨城県内被災地域 「茨城県震災直後の食行動と甲状腺検査意向調査」(原口弥生 茨城大学)
                       ②
 群馬県内被災地域 「放射能に関する意識・行動調査」(西村淑子 群馬大学)
  
                       ③
 栃木県内被災地域 「乳幼児保護者アンケート」(清水奈名子 宇都宮大学) 
 
                       ④
 「福島県からの避難者アンケート」(高橋若菜 阪本公美子 匂坂宏枝 宇都宮大学 他)
15:1016:20   第2部 パネル・ディスカッション「終わらない被害と被災者の権利を考える」
                              司会:重田康博(宇都宮大学)
                              閉会挨拶 勝俣誠 (明治学院大学 国際平和研究所所長)

第2部 パネリストのご紹介 伊藤和子(いとう かずこ)
  弁護士。国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長。日弁連両性の平等に関する委員会委員。
  国際人権問題委員会委員。UN Women アジア太平洋地域アドバイザー。国際人権法学会。ジェンダー法学会理事。
●手塚 真子(てづか まこ)
 栃木県那須塩原市在住。栃木県北部の放射能汚染問題への対応を進めるため、「那須塩原放射能から子どもを守る会」を立ち上げ、現在も代表として活動中。 
大山 香(おおやま かおり)
 福島県富岡町出身、栃木県宇都宮市在住。福島市からの自主避難者として、「とちぎ暮らし応援会」の訪問支援員、「栃木避難者母の会」代表として活動中。
荻三枝子(おぎ みえこ)
 茨城県ひたちなか市在住。「関東子ども健康調査基金」共同代表として、関東地域での甲状腺検査を継続的に実施。
 代表をつとめている「未来への風 いちから」は、ひたちなか市近辺の広域避難者への寄り添い活動も展開。
村上岳志(むらかみ たけし)
 福島県福島市出身、新潟県新潟市在住。新潟市域の避難者自治会、新潟市避難者支援協議会、広域災害避難者支援機構FLIPのそれぞれ代表を務め、
 避難者、支援者の両面で幅広く活動中。
ほか
お問い合わせ・連絡先 宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
住所:〒321-8505  栃木県宇都宮市峰町350
電話:028-649-5228
Mail
sagih-fsp@hotmail.co.jp     
公式ブログ:http://sicpmf.blog55.fc2.com/
担当 匂坂(さぎさか)
当日お問い合わせ・連絡先 明治学院大学国際平和研究所
住所:〒108-8636 東京都港区白金台 1-2-37  
電話:03-5421-5652
Mail
prime@prime.meijigakuin.ac.jp

Back