【PRIME共催連続市民講座】「いま水爆の時代を問う~核と向き合い明日へ」第3回「グローバル・フォールアウトと放射線被ばく」

開催日 2014年 7月 19日(土)
時間 13:00~17:00
会場 明治学院大学白金キャンパス 本館10階 大会議場 http://www.meijigakuin.ac.jp/access/" target="_blank">http://www.meijigakuin.ac.jp/access/
主催 第五福竜丸平和協会 明治学院大学国際平和研究所
参加費 資料代500円 定員70名 (学生無料)

※ご予約は第五福竜丸平和協会までお願い致します。

報告 -「水爆実験が与えた核開発者と市民への影響」 ロバート・ジェイコブス(広島市立大学広島平和研究所准教授)※逐次通訳
-「米国の水爆開発、その実態と隠蔽の実相」 高橋博子(広島市立大学広島平和研究所講師)
-「グローバルフォールアウトの被ばく被害から」 振津かつみ(医師・兵庫医大遺伝学助教)
コメント -樋口敏広(京都大学)
コーディネーター -豊崎博光(フォトジャーナリスト)
協賛 世界平和アピール七人委員会、広島市立大学広島平和研究所

お問い合わせ先

東京都立第五福竜丸展示館
東京都江東区夢の島2丁目1-1 夢の島公園内
TEL:03-3521-8494 FAX:03-3521-2900
E-Mail:mailto:fukuryumaru@msa.biglobe.ne.jp">fukuryumaru@msa.biglobe.ne.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=1988">http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=1988

Back