【PRIME共催連続公開セミナー】食べものの危機を考える 第2回 「国際家族農業年について考える」

開催日 2014年11月22日(土)
時間 14:00~16:30(開場13:45)
会場 明治学院大学 白金校舎 3号館3202教室
主催 AJF・JVC・HFW・明治学院大学国際平和研究所(PRIME)共催
概要

【PRIME共催連続公開セミナー】食べものの危機を考える 第2回 「国際家族農業年について考える」-専門家ハイレベル・パネルでの議論から

日時 :11月22日(土)14:00~16:30(開場13:45)


会場
:明治学院大学 白金校舎 3号館3202教室


アクセス
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

     JR品川駅・目黒駅よりバス約10分     
               東京メトロ・都営地下鉄 白金高輪駅、白金台駅、高輪台駅より各徒歩7分
講師
:関根佳恵さん(愛知学院大学経済学部教員・農業経済学)
参加費
:500円※共催団体会員、明治学院大学在籍者は無料


共催
:(特活)アフリカ日本協議会(AJF)、(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)、明治学院大学国際平和研究所(PRIME)、(特活)ハンガー・フリー・ワールド(HFW)、(特活)オックスファム・ジャパン


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 今年は、国連が定めた国際家族農業年。


 10月2日に開催した第1回セミナー「なぜ今、国際家族農業年なのか?」では、 FAO駐日連絡事務所のボリコさんから、食料安全保障のためにFAOが重視する 4つの指標、食料の多くを生産している小規模家族農家に注目する理由を聞きました。


 第2回セミナーでは、国連世界食料保障委員会専門家ハイレベル・パネルに参加し家族農業年の必要性・意義について議論を重ねた関根さんから、小規模家族農業の重要性・可能性について提起を受けます。


 国連世界食料保障委員会専門家ハイレベル・パネルの報告書『人口・食料・資源・環境 家族農業が世界の未来を拓く 食料保障のための小規模農業 への投資』 のタイトルが示すように、小規模家族農業の可能性を考えることは、食料だけでなく、資源・環境の未来を考えることにもつながります。


 一緒に話を聞いて、質問しましょう。

<講師プロフィール>
関根佳恵さん(愛知学院大学経済学部教員・農業経済学)
 2013年、国連世界食料保障委員会専門家ハイレベル・パネルに参加。『人口・食料・資源・環境 家族農業が世界の未来を拓く 食料保障のための小規模農業への投資』家族農業研究会・農林中金総合研究所 共訳、農文協、2014年。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お問い合わせ先


【申し込み方法】

事前にHFW事務局までお申し込みください。その際、タイトルを「11/22  第2回 食べものの危機を考えるセミナー申し込み」として、以下の項目をお知らせください。
1)お名前、2)ご連絡先、3)ご所属(HFW会員、明治学院大在籍など)、4)ご質問など

TEL 03-3261-4700(担当:西岡)

平日10:00~21:00  土10:00~18:00

E-mail: info@hungerfree.net

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2316">http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2316

Back