【PRIME共催国際シンポジウム】『ビキニ事件』61年 ~今みつめる 核被害の拡がり~

開催日 2015年2月21日(土)
時間 10:20~17:30(開場10:00)
会場 明治学院大学白金校舎  本館10階大会議場(アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/access/)
主催 【共催】:明治学院大学国際平和研究所(PRIME)、グローバルヒバクシャ研究会、第五福竜丸平和協会 トヨタ財団助成プロジェクト「福島発 世界へ――世代を超え未来につなぐ被ばく体験のアーカイブ化とネットワーク構築」 【後援】:基盤研究(A)(海外学術調査)カザフ核実験場周辺住民の放射性降下物被曝の実態解明―線量評価及び健康影響解析―
使用言語 日本語(マーシャル諸島の方は、英語あるいはマーシャル語を使います。英語→日本語の同時通訳があります。)
参加費 無料・事前申し込み不要
プログラム

総合司会 鴫原敦子 (環境・平和研究会共同代表)

10:20- はじめに 高原孝生 (明治学院大学国際平和研究所長、国際政治学・平和研究)

10:30- 第一部:グローバルヒバクシャの光景
   豊﨑博光 (フォトジャーナリスト、中央大学等兼任講師)
   森瀧春子 (2015年「世界核被害者フォーラム実行委員会」事務局長、核兵器廃絶をめざすヒロシマの会)

(12:00-昼食休憩)

13:30- 第二部:マーシャル諸島 米核実験被害<非認定>地域――「視野の外」に置かれてきた人びと
   Tempo Alfred (ブラボー実験のときマーシャル諸島アイルック環礁で被曝、アイルック小学校元校長、同自治体議員、70代男性)
   Rosania A. Bennett (Tempoの姪、南太平洋大学法学部卒、元国会職員、日本人の祖父をもつ、40代女性)
   竹峰誠一郎 (明星大学、グローバルヒバクシャ研究会共同代表)

(15:30-休憩)

15:45- 第三部:日本漁船員 1000隻をこえる被災船を追う
   星正治 (広島大学名誉教授、放射線物理学、NHKスペシャル「水爆実験 60年目の真実」(2014年8月6日)で放映された共同研究よびかけ人)
   高橋博子 (広島市立大学、グローバルヒバクシャ研究会共同代)

17:15- おわりに 藍原寛子 (ジャーナリスト、Japan Perspective News株式会社、福島市在住)

開催趣旨 「ビキニ事件」から61年を迎えます。
人道面に光をあてて「核なき世界」を希求する国際的な動き、あるいは東電福島第一原発事故などを視野に置きながら、被爆70年の夏を前に、国境を超える視 点をもち、不可視化された核被害にどう迫っていくのか、共に考え模索し、新たな機運とつながりを築く機会にしたいと考えています。核実験場とされたマー シャル諸島から、これまで核被害が顧みられてこなかった地域の方をゲストにお迎えして開催します。

お問い合わせ先

明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
   ■TEL:03-5421-5652  ■MAIL : prime@prime.meijigakuin.ac.jp
   ■FAX:03-5421-5653    ■URL:http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/
グローバルヒバクシャ研究会共同代表 竹峰誠一郎(明星大学)
   ■MAIL :seiichiro.takemine@meisei-u.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2429">http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2429

Back