【キリスト教研究所×PRIME共催】―明治学院大学の自由と自治を考える緊急シンポジウムー

開催日 2015年5月20日(水)
時間 18:30~21:00
会場 明治学院大学白金校舎 3号館1階3202教室 http://www.meijigakuin.ac.jp/access/
主催 キリスト教研究所、国際平和研究所
概要

参加費:無料

事前申し込み:不要

テーマ:「強まる国家統制と満身創痍の大学ーー自由と自治の危機のなかで何をすべきか」

講師:問題提起–石原俊(本学社会学部准教授/PRIME所員)
応答–吉原功(本学社会学部名誉教授/PRIME所員)

開催趣旨

国家による大学の管理統制がどんどん強まっています。2015年4月、多くの大学関係者が反対の声をあげ、法学者が日本国憲法23条(学問の自由) に対する違憲性を指摘するなか、学長や大学当局の権限を大幅に強化し、教員や教授会の自治権を大幅に制限する、改定学校教育法が施行されました。

また、安倍首相をはじめ現政権の閣僚や諮問機関は、大学を「産業開発」「人材開発」の目的に沿って再編することや、国立大学の文科系学部のリストラを進めること、日本の大学の何割かを職業訓練校に改変することなどを、公言し始めています。

こうした法改定や政権の動向に呼応するかのように各大学では、各学部の組織運営ばかりか、学問の自由と大学の自治の「最後の砦」ともいうべき教育内 容やカリキュラム、教員人事までをも「トップダウン」で決められるようにガバナンス(意思決定のあり方)を改変しようとする動きが広がっています。

2015年という年をこの国の大学の「墓標」にしないために、またなにより明治学院大学の「墓標」にしないために、いまわたしたちは何を考えなにをすべきかについて、みなさまと一緒に議論できればと思います。

学生、教職員の皆様のご参加をお待ちしております!

共催 明治学院大学キリスト教研究所、国際平和研究所

お問い合わせ先


明治学院大学キリスト教研究所

■住所:東京都港区白金台1-2-37

■TEL:03-5421-5210(白金)


明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

■住所:東京都港区白金台1-2-37

■TEL:03-5421-5652(白金)

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2626">http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2626

Back