【PRIME共催講演会】「神話」でなく真実を!沖縄・原発・これからの日本-ジャーナリズムの現場から-

開催日 2015年7月4日(土)
時間 13:30~17:00
会場 白金校舎3号館地下1階3101 教室
主催 共催:平和・協同ジャーナリスト基金/明治学院大学国際平和研究所 後援:アジア記者クラブ
概要 日本版ピュリッツァー賞のためのファンド
平和・協同ジャーナリスト基金(PCJF)★2015 講演会
「核の傘」、「基地抑止論」、「核抑止論」、「世界一安全な原発」……
戦後、繰り返し語られてきた「神話」はなぜつくられ、何が隠されてきたのか。
沖縄、原発利権という最前線で真実の報道をめざすジャーナリストが、今の日本を語ります。
講師紹介 敬称略 2014 年PCJF賞 ★大賞/沖縄タイムス社、★大賞/琉球新報社、★奨励賞/朝日新聞特別報道部
●辺野古新基地 強行の現場から
阿部 岳 (あべ・たかし) 沖縄タイムス社北部報道部長
1974 年、東京都生まれ。97 年沖縄タイムス社入社、政経部県政担当、社会部基地担当、同フリーキャップ(遊軍長)などを経て2015 年から現職。
北部報道部(名護市)への赴任は2回目。前回は1999 年の元市長による辺野古新基地の受け入れ表明、現在は現場での抗議運動などを取材している。
著書に『観光再生―「テロ」からの出発』(沖縄タイムス社)。
●沖縄の基地、二つの神話
島 洋子 (しま・ようこ) 琉球新報社東京報道部長
1967 年、沖縄県生まれ。1991 年琉球新報社入社。政経部、社会部、中部支社宜野湾市担当、経済部、政治部などを経て現職。
米軍基地が沖縄経済の発展を阻害している側面を明らかにした連載「ひずみの構造 ― 基地と沖縄経済」で、2011 年「平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞」を受賞。
●原発利権報道の裏側
市田 隆 (いちだ・たかし) 朝日新聞編集委員
1964 年生まれ。読売新聞社を経て2003年入社。東京本社社会部の司法記者クラブキャップ、デスクなどを経て、
11 年から特別報道部で調査報道を担当する編集委員。これまで主に政官業の癒着や金融業界の不祥事をテーマにした取材を担当。
特別報道部が新聞に連載し、単行本にまとめた『原発利権を追う』で2014 年「平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞」を受賞。
●コメンテーター
前田哲男 (まえだ・てつお) 軍事ジャーナリスト
1938 年、福岡県生まれ。1961 年長崎放送に入社、放送記者となる。1971 年に退社後、ジャーナリストとしての活動を始める。
元東京国際大学国際関係学部教授、元沖縄大学客員教授。平和・協同ジャーナリスト基金賞審査員を第1回から務める。
『フクシマと沖縄――「国策の被害者」生み出す構造を問う』(高文研)など著書多数。

お問い合わせ先

TEL&FAX 03-3470-5013

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2763">http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2763

Back