【PRIME共催シンポジウム】シリアと世界の平和を考えるシンポジウム~戦後70 年、私たちにはいま何ができるのか~

開催日 2015年8月9日(日)
時間 13:00~17:00
会場 アートホール
主催 明治学院大学国際平和研究所、シリア支援団体・サダーカ
◆◇開催概要◇◆ 日時:2015年8月9日(日) 13:00~17:00

場所:明治学院大学 白金校舎 アートホール
申込要・無料 (定員200名程度)

講演:シリア政治専門 東京外国語大学教授 青山弘之

シリア支援団体・サダーカ代表 田村雅文

◆◇メッセージ◇◆ 2011年に始まったシリアでの紛争に対して、「ISIL(イスラム国と名乗る過激派集団)」に関するものを除けば、メディアでの報道や世間の関心は明ら かに減っているように思います。しかし、シリアの紛争は状況が良くなるどころか、残念ながら、他の周辺国をも巻き込み更に深刻さを増しています。日本は今 年、戦後70年という節目の年です。その節目の年に、シリアや世界の人たちとともに、シリアと世界の平和について改めて考えてみませんか?そして、私たち 1人1人に何ができるか、真剣に考えてみませんか?シンポジウム当日は、シリアをよく知る方々を通して豊かだった紛争前のシリアのこと、そして紛争に翻弄 されるシリアの人々の声をお届けします。また、シリアに暮らす人々や周辺国に避難している人々の現状を伝える映像を見ながら、シリアをめぐる現状について 理解を深めていきます(通信状況が許せば、シリアに在住するシリア人ともビデオ通話を結んで生の声を届けて頂く予定です)。その上で、シリアの平和を願っ て何らかの行動を起こしている人たちの話を聞き、私たちに何ができるのかを考えていきます。
お盆のお忙しい時期だと思いますが、ぜひお越し下さい。シリアと世界の平和を、ともに願いましょう。
◆◇プログラム◇◆

第1 部 13:00-15:30
・サダーカ報告
―シリア支援団体サダーカ代表 田村雅文
・戦後70 年、日本と世界の平和について
―フォトジャーナリスト 安田菜津紀(長崎よりSkype 講話)
・シリアの現状についての講話
―シリア政治専門 東京外国語大学教授 青山弘之
・難民映画祭出展映像
『目を閉じれば、いつもそこに~故郷・私が愛したシリア~(特別編)』上映
・パネルトーク
パネリスト 映像監督 藤井沙織
映像翻訳 Fadi Farhat(日本在住シリア人)
シリア政治専門 東京外国語大学教授 青山弘之
シリア支援団体サダーカ代表 田村雅文
Skype ゲストManar Al-bezem(シリア ダマスカス在住シリア人)※予定:通信状況により
休憩 15:30-15:45
第2 部 15:45-17:00
関連団体活動紹介(予定)
紹介予定団体:イブラ・ワ・ハイト、UNITED PEOPLE、シリア研究会(東京外国語大学)、

ママリングス、青年海外協力隊経験者     他

お問い合わせ先

【お申込み方法】
こちらのフォームからお申し込み下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ce09c539374689もしくは、8.9symposium@gmail.comまでご連絡下さい。
【お問合せ先】
シリア支援団体サダーカ イベント事務局 8.9symposium@gmail.com

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2858">http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/?p=2858

Back