第30回社会福祉実践家のための臨床理論・技術研修会ご案内

開催日 2016年10月15日(土)
時間 <オリエンテーション>10:00-10:15
<全体ワークショップ>10:15-15:30
<ネットワーク懇親会>16:00-17:00
会場

白金キャンパス
<オリエンテーション>本館3階1351教室
<グループディスカッション>本館3階1351/1354/1357教室
<全体ワークショップ>2号館3階2401教室
<ネットワーク懇親会>2号館3階2401教室

主催 社会学部付属研究所
メッセージ

総合テーマ:「ソーシャルワークの実践力を育てるパートⅡ」
 昨年の本研修会では、天笠崇先生に基調講演をお願いし、「ソーシャルワーカーのためのメンタルヘルス基礎講座」を行いました。
参加者からは、「メンタルヘルスに関する基礎知識や情報収集のコツなどを知識としてうかがえたので、チャンスがあれば具体的な実践方法が知りたい」という感想が寄せられ、幸運にも昨年に引き続き、天笠崇先生をお呼びすることができました。さらに今回は、労働者支援の現場でご活躍の、春日未歩子先生にも参加していただき、実践方法についての学びを深めたいと思います。

内容

<グループディスカッション>
「『私の実践力』今、気になることは何?」
  ファシリテーター八木原律子・新保美香・榊原美樹(明治学院大学)
 *経験年数別グループに分かれて行います。

<全体ワークショップ>
「新たな解決手法を身につける~GET!課題解決力~」
  講師  天笠 崇(代々木病院精神科/精神保健指定医、認定産業医)・春日未歩子(ジャパンEAPシステムズ/精神保健福祉士)


 <全体ワークショップ>の冒頭は、<グループディスカッション>の内容についてフォーマットを活用して、グループ毎に報告します。
 そして、各グループで出された課題について、参加型による学習方法を通して学びます。

 職場のメンタルヘルス対策は、困っていることを全職員が共通課題として認識し、解決策を検討していくことが解決への早道です。天笠崇先生と春日未歩子先生のコラボレーションにより、認知行動療法の一つであるSST(Social Skills Training)の技法を紹介します。グループ毎に取り上げた課題をもとに、コミュニケーションを高める方法や課題解決手法を身につけて、今後の実践に活用していただければ幸いです。
 最後に講師より、「職場に元気をもたらすポイント」や「ソーシャルワーカーの実践力を高めるポイント」についてのまとめがあります。

*認知行動療法・SSTとは?
 認知行動療法の認知とは、ものの考え方や解釈の仕方をいいます。状況に応じた適切な判断ができるように、答えを学習するのではなく、人と人との関係に「必要な力=より良い結果を生み出す力」を引き出し、身につけていきます。相手が不快にならないような態度や行動を伴うコミュニケーションのとり方は、理屈ではわかっていても実際には行動できないため、その具体的な方法を考えます。そうして考えたことや理解したことを、模擬場面を作って行動リハーサルをおこないます。SSTは認知行動療法の一つで、行動リハーサルを多く取り入れるのが特徴です。


<ネットワーク懇親会>

 「ネットワーク懇親会」は、研修の感想を語り合うと共に、ソーシャルワーカーのネットワーク拡大に貢献する場として開催いたします!!
  奮ってご参加ください(茶菓提供)。

対象と定員

研修会の対象は、原則として現在社会福祉の諸領域にて、実践活動を行っている方です。
先着順にて受付します(定員75名)。
グループディスカッションは、申し込み時に記入された実務年数により、グループ分けをいたします。3グループ程度設定の予定です。   

参加費 

3,000円
申込受付後、振込用紙を送付しますので、必ず事前にお振り込みください。
参加費振込後の返金には応じられませんのでご了承ください。
*グループディスカッションのみ、または全体ワークショップのみの申込は受け付けておりません。

申込方法

以下の所定事項①~⑦を記入し、Eメールで申込先へお送りください(FAXも可)。
折り返し振込用紙を送りますので、参加費を入金してください。
参加費入金の確認をもって申込完了となります。
入金を確認しましたら(確認には10日間ほど要します)、事務局よりEメール(またはFAX)をお送りします。
1週間以上Eメール(またはFAX)への返信(振込用紙の送付含む)がない場合はお手数ですが、TELで再連絡をお願いいたします。     
振込控えが領収証となります。改めての領収証発行はできませんのでご了承ください。 
研修会当日、振込控えをお持ちください。
事前に必ずお申し込みください。 
     
<研修会申込に必要な所定事項>
  ①氏名(ふりがな)   
  ②所属先と職名、所属先の所在地(都道府県名)   
  ③社会福祉実践家としての実務年数 
  ④振込用紙・報告書の発送先ご住所 
  ⑤本申込に関する問い合わせ先としてのTEL・Eメール(またはFAX)    
  ⑥社会福祉実践に関わる所持資格(例:社会福祉士・精神保健福祉士等)
  ⑦明治学院大学卒業の方は卒業年

*個人情報の取扱いについて:明治学院大学社会学部付属研究所では、申込時における個人情報について「学校法人明治学院個人情報保護方針」に副って厳重に管理いたします。これらの個人情報は、明治学院大学社会学部付属研究所の「社会福祉実践家のための臨床理論・技術研修会」ご案内用としてのみ利用いたします。第三者には提供いたしません。



お問い合わせ先


明治学院大学社会学部付属研究所
〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
Eメール: issw@soc.meijigakuin.ac.jp
TEL:03-5421-5204/5205
FAX:03-5421-5205

関連リンク

http://soc.meijigakuin.ac.jp/fuzoku/">http://soc.meijigakuin.ac.jp/fuzoku/

Back