明治学院コンサート・シリーズ 第75回 ≪バロック協奏曲選≫

開催日 2015 年9月20日(日)
時間 15:00 開演 (14:30開場)
会場 明治学院大学 白金キャンパス アートホール
入場無料 (一般の方々・学生、どなたにも開かれています。)
主催 国際学部 半澤朝彦
曲目

ヴィヴァルディ/「忠実な羊飼い」RV54
ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲 作品3-6
バッハ/チェンバロ協奏曲 イ長調 BWV1055
バッハ/管弦楽組曲 第2番 ロ短調
ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲「恋人」

秋の訪れを告げる、典雅なバロックの協奏曲を集めました。たおやかなヴィヴァルディの名作「恋人」に加え、ヴァイオリン初心者おなじみの作品3-6(イ短調)も取り上げます。バッハの傑作二曲とともに、音響抜群、贅沢な140席アートホールで
これまでのコンサートはこちら

演奏者

印田 千裕 いんだ・ちひろ (violin)
スズキ・メソードでヴァイオリンを始め、東京藝術大学附属音楽高校、同大学卒。英国王立音楽院に留学し、最高位賞の Diploma of the Royal Academy of Music (Dip RAM)を得る。吉川朝子、澤和樹、W. マルシュナー、G. パウク各氏に師事。マルシュナー国際コンクール第3位。江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位。CD「日本女性作曲家の歩み」ほかリリース

藤代 優意 ふじしろ・ゆい (violin)  
東京音楽大学、同大学院、および英国王立音楽院修了。ロンドンマスタークラス修了。第4回全日本芸術コンクール第3位。アドヴェントセミナー2009コンサートミストレス。ヴァイオリンを故田中千香士、篠崎功子、大谷康子、海野義雄、R.ディーキン、室内楽を浦川宜也、山洞智、マイケル・デュセックの各氏に師事

中島 千晴 なかじま・ちはる (violin)
国立音楽大学器楽学科卒、同大学院修了。学部・大学院ともに、ヴァイオリンを大関博明氏に、室内楽を徳永二男氏に師事。2012年イタリアのフェルモにて開催された講習会の音楽祭にて、コンチェルトのソリストを務める。

高梨 瑞紀 たかなし・みずき (viola)

島根県出身。7歳よりヴィオラを始める。東京藝術藝術大学附属音楽高校を経て、現在、同大学2年。第13回日本演奏家コンクール特別賞。2013、2014年、京都フランス音楽アカデミーなどで、ブルーノ・.パスキ、M.クーゲル各氏のマスタークラス受講。ヴィオラをY.フィットラー、井川晶子、大野かおる、川﨑和憲の各氏に師事

半澤 朝彦 はんざわ・あさひこ (cello
)
堤剛(桐朋学園大学)、F.ミュレール(パリ国立音楽院)、H.シャピロ(ジュリアード音楽院)氏らのマスタークラスで演奏。2010年、英国Trinity-Guildhall音楽院ディプロマで同音楽院生相当の成績。G.トゥリエール、毛利伯郎の各氏らに師事。本学准教授

栗田 涼子 くりた・りょうこ (contrabass)
東京藝術大学音楽学部、同大学院修士課程卒。ミュージックマスターコースinかずさに出演。フリーランスとしての演奏活動のほか、首都圏の主要オーケストラにエキストラ出演している。永島義男、黒木岩寿の各氏に師事

堀川 智也 ほりかわ・ともや (recorder/flauto traverso)
東京大学音楽部管弦楽団、札幌シンフォニエッタなどでファゴット奏者を務めた。東京フィルハーモニー交響楽団首席の井料和彦氏に師事。アンジェラ・ヤン氏にバロック音楽理論・指揮法を師事。リコーダーJP社でCD収録。大阪大学外国語学部教授。

山本 香代子 やまもと・かよこ (harpsichord)
神戸バッハカンタータアンサンブルで、李善銘、大塚直哉の各氏にバロック音楽理論、チェンバロを学ぶ。2012年、フォルテピアノでモーツァルトのピアノ協奏曲第12番ソリスト。ピアノをスヴェトラ・プロティッチに師事。PIARA審査員。PTNA指導者会員。


アクセス [明治学院国際学部コンサート・シリーズ 第75回]☆白金アートホールへの行き方:JR品川駅高輪口より都営バス「目黒駅」行、またはJR目黒駅より「大井競馬場」行きに乗り、「明治学院前」下 車。または、地下鉄南北線の白金高輪、白金台、浅草線の高輪台からいずれも徒歩5分。ホールはキャンパス内、東門に近いガラスばり建築の「パレットゾー ン」2階奥。   
※本シリーズのこれまでの演奏会、予定は、明治学院大学、国際学部国際学科のHP(イベントの項)でご覧になれます。

お問い合わせ先

国際学部事務室:045-863-2200

Back