『リリー・マルレーン』上映公開セミナー『ファスビンダー、ファシズム、ジェンダー』

開催日 2016年3月5日(土)
時間 13:00~17:30
会場
白金校舎本館2階1201教室
主催 言語文化研究所

本公開セミナーは、第一部としてライナー・ヴェルナー・ファスビンダーが唯一ナチ時代を直接扱った『リリー・マルレーン』をDVD上映します。上映後第二部として、今まで失敗作と見なされ議論される機会の少なかった『リリー・マルレーン』をめぐって、ファスビンダーが脱構築する「ナチ娯楽映画」の政治性をファシズム、ジェンダー、映画技法という角度から、それぞれ分野の違う研究者が発表、討論します。

13:00 イントロダクション 映画紹介
    『リリー・マルレーン』(120分)上映
15:05 休憩
15:15 渋谷哲也(東京国際大学国際関係学部准教授 ドイツ映画)
    「自壊するファシズム美学 ― ファスビンダーが『リリー・マルレーン』に込めたもの
15:45 斉藤綾子(明治学院大学文学部芸術学科教授 映画学)     
    「ファスビンダーのリリー 浮遊する声と増殖する身体」
16:15 ディスカッサント コメント 矢野久美子(フェリス女学院大学教授 ドイツ思想)
16:30 全体討議 質疑応答
17:30 終了

入場無料、事前申込は必要ありません。直接会場にお越し下さい。


お問い合わせ先


言語文化研究所 03-5421-5213

Back