ある未完訳のフルベッキ書簡をめぐって――1866年・村田・綾部への授洗記録

開催日 2016年7月9日(土)
時間 13:30-15:30
会場 明治学院大学白金校舎本館9階92会議室
主催 明治学院大学キリスト教研究所
講師 中島一仁(なかじま かずひと)
講演紹介

標題の書簡は、1866年、アメリカ・オランダ改革教会の宣教師フルベッキが、長崎在任中初めて日本人に授洗したことを本国に報告したものです。その状況をよく伝えているにもかかわらず、いまだ日本語に訳されていないこの書簡には、いったい何が記されているのでしょうか?
講師の中島一仁氏にお話しいただきます。

講師紹介

中島一仁(なかじま かずひと)
朝日新聞東京本社社員。横浜プロテスタント史研究会会員。関心分野は、西洋の衝撃と幕末期プロテスタント受容について。論文に、「幕末期プロテスタント受洗者の研究(1):佐賀藩士・綾部幸煕の事例にみる」『研究紀要8』(佐賀大学地域学歴史文化研究センター、2014年)、「同(2):元佐賀藩士・綾部幸煕の信仰と生活」『同9』(同、2015年)、「同(3):史料に探る村田政矩」『同10』(同、2016年)

申込不要
参加無料

お問い合わせ先


明治学院大学キリスト教研究所 ■TEL:03-5421-5210 ■FAX:03-5421-5214 ■E-MAIL:kiriken@chr.meijigakuin.ac.jp

Back