【PRIME共催イベント】『ヒバクシャ 世界の終わりに』上映&トーク

開催日 2016年10月10日(月)
時間 16:45-20:30 (16:15開場)
会場 明治学院大学 白金校舎本館10F大会議場
主催 明治学院大学国際平和研究所、ぶんぶんフィルムズ、劣化ウラン廃絶キャンペーン
開催概要 要事前申込
資料代/学生・明学関係者:無料、一般: 1,000円

「NO WAR KNOW NUKES」のキャンペーンの最終イベントとして、ドキュメンタリー映画「ヒバクシャ」の上映&トークイベントを行います。
トークでは、イラクの現場で支援を続ける高遠菜穂子さんをお招きし、キャンペーンの主催である鎌仲ひとみ、丹下紘希を交えクロストークをします。
イラクの現場で支援を続ける高遠菜穂子さんから、イラクで実際になにが起こっているのか、お話を伺いながら、いかに世界の戦争・紛争が起きている現場とメディアの伝えることがかけ離れているかについて考える機会にしたいと思います。
鎌仲ひとみ、丹下紘希さんにも映像作家の視点から「いかに真実を知り、伝えるのか」を話していただきます。今回は次世代への継承もテーマのひとつとして捉え、林田光弘さんには自身の活動を紹介していただきながら、
ファシリテーターとしてご参加いただきます。

タイムテーブル/
16:15~ 開場
第1部
16:45~16:50 挨拶
16:50~18:50 「ヒバクシャ」上映
18:50~19:00 休憩
第2部
19:00~19:05 挨拶
19:05~19:15 「戦争のつくりかた」上映
19:15~20:15 トーク
高遠菜穂子×鎌仲ひとみ×丹下紘希
ファシリテーター 林田光弘
20:15~ 20:25 質疑応答
20:25 閉会挨拶

共催/ぶんぶんフィルムズ
明治学院大学国際平和研究所
劣化ウラン廃絶キャンペーン

※「NO WAR KNOW NUKES」キャンペーン概要※
原発再稼働、新安保法制施行ー今、日本がまた大きく舵をきろうとしています。2016年は、チェルノブイリ原発事故から30年、そして終息しないままに福島原発事故から5年となります。
もう一度、核や被ばくと戦争の問題をみなさんと考えていきたい。
そんな思いから鎌仲ひとみの2作品とNOddINの映像作品を 日本中で上映するキャンペーンをしています。
http://nowarknownukes.com/

申込み方法 申込み方法/下記のいずれかからお申込みください。

① 告知’s
http://kokucheese.com/event/index/426418/
② ぶんぶんフィルムズ
TEL・FAX 03-6379-3938 / Eメール movie@kamanaka.com
/news/archive/attachment_file/2016/flyer1010.pdf (PDF/2.6 MB)

お問い合わせ先

お問い合わせ/ぶんぶんフィルムズ
TEL: 03-6379-3938
Mail: movie@kamanaka.com

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/events/events20161010/

Back