マーク=アンソニー・ターネジ×大野和士×岡部真一郎 「同時代のオペラ、音楽を考える」

開催日 2016年11月9日(水)
時間 19:00~21:00
会場 白金校舎アートホール
主催 芸術学科・言語文化研究所
講師 マーク=アンソニー・ターネジ Mark Anthony TURNAGE(作曲家)
大野和士 (指揮者・東京都交響楽団音楽監督)
岡部真一郎 (明治学院大学教授)
講演内容 マーク=アンソニー・ターネジ(1960年生まれ)は、英国を代表する作曲家です。ロンドンのコヴェント・ガーデン王立歌劇場の委嘱によるオペラ《アンナ・ニコル》をはじめ、一作一作が、常に欧米のミュージックシーンの大きな注目を集めています。今回、そのターネジが、世界最高のコンサートホールの一つとして吊高いサントリーホールの30周年を記念する委嘱新作《Hibiki》を携え、来日します。11月12日、同ホールにおける大野和士指揮東京都交響楽団による世界初演に先立ち、ターネジは、1998年以来、18年ぶりに明治学院大学の白金キャンパスを訪れます。東京での多彩な活動はもとより、リヨン歌劇場の首席指揮者を務めるほか、ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場など、オペラの分野でも世界の第一線で活躍を続ける大野と共に、今回の新作についてはもとより、同時代のオペラについて、また広く音楽状況について、意見を交わします。

お問い合わせ先

言語文化研究所

関連リンク

言語文化研究所HP→http://www.meijigakuin.ac.jp/~gengo/

Back