スマートフォン版を表示

【PRIME後援講演会】差し迫る軍事化 市民・研究者・技術者はいかに生きるべきか?

開催日 2017年7月15日(土)
時間 13:30~16:40(13:00開場)
会場 明治学院大学 白金校舎 2号館1階2201教室
主催 明治学院大学国際平和研究所
開催概要 【PRIME後援講演会】差し迫る軍事化 市民・研究者・技術者はいかに生きるべきか?

いま、私たちは戦後という時代を改めて問い直す、大きな転換期に差し掛かっています。平和憲法のもと戦後民主主義の中で、この国は復興を遂げ、科学や技術は生活を豊かにし便利にし、高度経済成長時代へと突き進みました。それは同時に合理化・公害・交通戦争・環境破壊・原発事故をもたらし、多くの人々の健康を破壊し、自然を破壊しました。オイルショック、バブル崩壊を経て、経済の停滞期が続きましたが、それを逆手にとって、安倍政権は新しい富国強兵策を打ち出しました。国家の軍事力と経済力を強くするため武器を作る技術、世界に冠たる経済発展を遂げるべく、相次いで戦後を否定する政策を打ち出し、それとともに戦後の平和、互恵の精神が失われつつあります。 このような状況の中で、軍事研究、沖縄という、いま最も矛盾が露呈している現場からの報告を受けて、今後の私たちの進むべき道を探っていきたいと思います。自分にとって、市民・研究者・技術者にとって何が一番大切で、何が必要なのかを、皆様とともに議論したいと思います。

言 語 :日本語
参加申込 :事前申込:不要、参加費:不要

総合司会/天笠啓祐 (ジャーナリスト)                       

13時40分~14時40分  
講演者/小沼通二 (世界平和アピール七人委員会会員)
テーマ:戦争と平和

14時40分~15時40分
講演者/熊本一規 (明治学院大学国際学部教授)
テーマ:今日の沖縄問題

休憩   10分間

15時50分~16時40分
鼎談 /天笠啓祐、小沼通二、熊本一規 
テーマ:新たな戦前の時代をどう生きるか

主催:People21
共催:現代技術史研究会 まぁるい地球をみんなで守ろう分科会(M分科会)
後援:明治学院大学国際平和研究所

お問い合わせ先

神野玲子 090-2669-0413   e-mail jreikochan@yahoo.co.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/events/events20170715/

Back