公開講演会「現代ドイツ史とサッカーW杯」

開催日 6月17日(金)
時間 17:00 - 18:30
会場 白金校舎本館1455教室
主催 教養教育センター

 
【講演の概要】 オリンピックと並ぶ一大スポーツイベントであるサッカーW杯が、
2006年にはドイツで開催されます。再統一から16年目のドイツに
とって、この大会の意味は何か。20世紀から21世紀にかけて、ド
イツ語圏にとってサッカーが担ってきた意味を、それぞれの時代
のビデオ映像なども交え、歴史と現在の両面に他角度から光を当
てて考えたいと思います。

 
【講演者と経歴】 粂川 麻里生(くめかわ まりお)

1988年から1991年、雑誌『ワールドボクシング』編集記者。1999年
から2004年、上智大学外国語学部専任講師。2004年から、慶應
義塾大学文学部助教授、現在に至る。著書に『サッカーのエスノ
グラフィーへ』(共編者、社会評論者)、翻訳に『ピッチサイドの男』
(トーマス・ブルスィヒ著、三修社)等がある。

お問い合わせ先

教養教育センター
045-863-2067

Back