第11回日本映画シンポジウム「若松孝二」

開催日 6月25日(日)
時間 10時 - 17時(予定)
会場 白金校舎2号館2301教室
主催 芸術学科
内容 1960年代にピンク映画というジャンルを確立し、毀誉褒貶にまみれながらも40年にわたって権力とエロティシズム、暴力と胎内回帰、監禁と逃亡を問い続けた若松孝二監督の全体像が、今こそ大きく浮かび上がる。パレスチナ解放闘争との関わり、制作者としての側面、目下準備中の『実録・連合赤軍』まで、この日本映画の裏の巨匠をめぐる徹底討議を、海外からの研究者を交えて行います。
タイムスケジュール 10時00分 挨拶 四方田犬彦(明治学院大学)
10時10分 若松孝二・作品ダイジェスト 平沢剛(明治学院大学)
10時40分 ローランド・ドメーニグ(ウィーン大学)
11時20分 シャロン・ハヤシ(マッギル大学)
12時00分 休憩
13時00分 古畑百合子(ブラウン大学)
13時40分 四方田犬彦
14時20分 平沢剛
15時00分 休憩
15時20分 沖島勲(映画監督)
15時50分 若松孝二、みずからを語る
16時40分 監督ラウンドテーブル
世話人 四方田犬彦
入場無料

お問い合わせ先

芸術学科
tel:03-5421-5380/fax:03-5421-5502
e-mail:art@ltr.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/news/event/index.html">http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/news/event/index.html

Back