アナーキズムとアートの現在

開催日 11月6日
時間 17:00 - 21:00
会場 白金校舎アートホール
主催 明治学院大学文学部芸術学科、『VOL』
概要 文化人類学者であり、Direct Action Network、People's Global Actionの活動家であるデヴィッド・グレーバーの来日と著書『アナーキスト人類学のための断章』の出版、および『ニューヨーク烈伝』が近日刊行される翻訳者・批評家の高祖岩三郎の来日を記念して、『VOL』の編集委員である『自由論』の酒井隆史、『国家とはなにか』の萱野稔人、『無産大衆神髄』の矢部史郎、そして美術、建築誌などで活躍する小田マサノリを迎えたシンポジウムを行います。シアトル、ジェノバ以降のアナーキズム理論=運動の最前線を通して、アートによる世界変革の可能性から、都市空間の再構築に至るまで、幅広く論じていく予定です。
タイムスケジュール 17:00 -  挨拶
17:10 -  高祖岩三郎(翻訳家・批評家)
     小田マサノリ(文化人類学・美術史、東京外語大学)
     矢部史郎(活動家)
     萱野稔人(政治哲学、東京大学)
     酒井隆史(社会思想、大阪府立大学)
18:45 -  デヴィッド・グレーバー(文化人類学、イエール大学)
19:45 -  全体討議
司会 平沢剛(映画研究、明治学院大学)
世話人 門間貴志(映画史、明治学院大学)
入場無料 同時通訳あり

お問い合わせ先

芸術学科(担当・清水)Tel: 03-5421-5380 Fax: 03-5421-5502
e-mail: art@ltr.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

Back