シンポジウム「映画/歴史/フェミニズム」

開催日 11月12日
時間 10:00 - 18:00(予定)
会場 白金
主催 言語文化研究所・文学部芸術学科共催
概要 明治学院大学言語文化研究所と芸術学科では、11月に英米圏の研究者を招聘してフェミニズム映画理論についての国際シンポジウムを開催致します。今回はフェミニスト映画理論の草分け的な論文を書き、その後も映画研究以外でも広く視覚文化研究に影響を与えたローラ・マルヴィさん他、デイヴィッド・ボードウェルらと大著『古典的ハリウッド映画』を執筆し、1910年代から30年代にかけての初期アメリカ映画産業と検閲制度などについて素晴らしい研究をなさっているジャネット・スタイガーさん、またクイア理論や女性監督やスターについて興味深い研究をしているパトリシア・ホワイトさん等を招聘いたしました。「映画、歴史、フェミニズム理論」というテーマで5名の研究者が発表致します。
発表内容 1
Janet Staiger (Professor, University of Texas, Austin):
"Les Belles Dames sans Merci, Femmes Fatales, Vampires, Vamps, and Gold
Diggers: The Transformation and Narrative Value of Aggressive Fallen Women"

2
Laura Mulvey (Professor, Berkbeck College, London University):
"Seeing the past from the present: rethinking feminist film theory
in the light of new technology"

3
Patricia White (Associate Professor, Swarthmore College)
"Feminist Independents: Women's Filmmaking Local and Global"

4
Vicki Callahan (Associate Professor, University of Wisconsin-Milwaukee):
"Recursive Lives: Endless Love Loops"

5
Alison McKee (lecturer, San Jose State University/ University of California
at Santa Cruise):
"Rewriting Desire from a Feminist Perspective: Classical Film Narrative and
THE GHOST AND MRS. MUIR (1947)"

各発表のあとに、ディスカッションの予定

お問い合わせ先

言語文化研究所 TEL03-5421-5213/文学部芸術学科TEL03-5421-5380

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/news/event/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/news/event/

Back