明治学院大学 ホーム  >  公開講座  >  白金キャンパス公開講座

白金キャンパス公開講座

港区民大学講座(白金キャンパス)

ノーベル賞と現代経済
―経済学の課題とフロンティアへのいざない―

(担当:産業経済研究所)

  20世紀の社会に対する学問的、平和的貢献に対して、ノーベル経済学賞、ノーベル平和賞が授与されてきました。そこで、そのような先端的貢献が、現代経済のなかで、どのように利用され、あるいは問題を残しているかを解説するのが、今回の公開講座のテーマです。自然科学におけるフロンティア研究が、現代の医療や技術を大きく変化させていくのと同様に、経済社会の分析や思想は、深く現代社会のあり方に影響を及ぼします。

  この講座では、まず、20世紀を導いてきた経済学の考え方の基礎を解説する(第一回「20世紀社会主義の崩壊と市場経済の行方  ハイエクと経済自由主義  」および第二回「ケインズ経済学の現代における意味」)とともに、その後の展開を先端的な研究の一端から紹介(第三回「サブプライム問題と金融機関のリスク管理」、第四回「ノーベル平和賞経済学者 ムハマド・ユヌス  マイクロクレジットによる貧困撲滅への道」、第五回「新しい経済成長論:知識と諸国民の富」、第六回「ダグラス・ノースの制度分析と日本の経済発展に関する新しい見方」)いたします。


開講スケジュール


  講日 内容 講師
1 10月14日(火) (開講式)
20世紀社会主義の崩壊と市場経済の行方
― ハイエクと経済自由主義 ―    
明治学院大学教授
中野 聡子

2 10月17日(金) ケインズ経済学の現代における意味 慶応義塾大学名誉教授
神谷 傳造
3 10月21日(火) サブプライム問題と金融機関のリスク管理
明治学院大学教授
佐々木 百合
4 10月24日(金) ノーベル平和賞経済学者
ムハマド・ユヌス
― マイクロクレジットによる貧困撲滅への道
明治学院大学准教授
大村 真樹子
5 10月28日(火) 新しい経済成長論:知識と諸国民の富
明治学院大学教授
高橋 青天
6 10月30日(木) ダグラス・ノースの制度分析と
日本の経済発展に関する新しい見方

(閉講式)
東京大学教授
岡崎 哲二

募集要項
開講時間

18時30分-20時
初日・最終日は18時15分開始

募集対象
原則として港区内在住・在勤・在学の方
募集人数
100名
受講料
2,500円(全6回)
申込締切
2008年10月1日(水)消印有効
申込方法 はがきに、次の事項を明記して下記へお申し込みください。
1.氏名(フリガナ)
2.性別
3.年齢
4.住所(郵便番号)
5.電話番号
6.港区在住・在勤・在学のいずれか

※個人情報の取扱いについて
明治学院大学では、受講生の皆様の申込時における個人情報については、「学校法人明治学院個人情報保護基本規程」に沿って厳重に管理いたします。これらの個人情報は、明治学院大学公開講座のご案内用としてのみ利用いたします。第三者には提供いたしません。
申込先
〒108-8636 港区白金台 1-2-37
明治学院大学 総務課 港区民大学講座係

問合せ先

明治学院大学 総務課 港区民大学講座担当
TEL 03-5421-5112
FAX 03-5421-5454

受付時間 平日9:00 - 12:00、13:00 - 16:25


明治学院大学の教育理念 Do for others