白金キャンパス公開講座

港区民大学講座(白金キャンパス)

現代社会における技術と人間
―テクノソサエティの現在―

(担当:社会学部付属研究所)

  明治学院大学・社会学部付属研究所が実施した共同研究プロジェクト「現代社会における技術と人間」は、社会学科と社会福祉学科の教員10名が中心となり、学外の研究者数名を加えて実質5年間にわたって展開されました。3つのサブグループが追究したテーマは、「遺伝子技術の社会的意味」、「ソーシャルサポートにおけるCMC (コンピュータを媒介としたコミュニケーション)」、「相互行為の中の技術」です。この3つのテーマに関する研究成果は、「テクノソサエティの現在」シリーズ全3巻(文化書房博文社)として刊行されました。「テクノソサエティ」とは、新しい科学技術が生活の中に次々と登場する現代社会の一側面を表現する便利な造語です。日々開発される多様なテクノロジーは、私たちに不安を与えると同時に、薔薇色の未来を予感させてきました。しかし、私たちの生活はそれによって一方的に変化させられてしまうわけではありません。私たちによって選択され、拒絶され、創造的に使用され、造りかえられるという意味で、テクノロジーはきわめて社会的なものです。この3巻シリーズは、このような社会の中のテクノロジーのあり方を多角的に考察しています。今回の公開講座では、本シリーズの執筆者のうち6名が登壇して、その後の研究成果を含む最前線の展開をわかりやすく解説いたします。

開講スケジュール
  講日 内容 講師
1 6月5日(金) (開講式)
ハイブリッドな身体を生きる
― サイボーグ論の現在 ―    
立命館大学教授
松原 洋子
2 6月9日(火) 遺伝子と社会
― ヒトゲノム計画以降の展開 ―    
明治学院大学教授
加藤 秀一
3 6月12日(金) なぜ代理出産を求めるのか
― 文化と社会に着目して ―  
明治学院大学教授
柘植 あづみ
4 6月16日(火) 女性医療の会話分析
― 妊婦健診における医療者と妊婦の相互行為 ―
明治学院大学教授
西阪 仰
5 6月19日(金) シニア世代にとってのインターネット 広島大学大学院教授
浦 光博
6 6月23日(火) 少数派にとってのインターネット
― オンラインサポートの可能性と課題 ―
(閉講式)
明治学院大学教授
茨木 尚子
募集要項
開講時間 18時30分-20時
初日・最終日は18時15分開始
募集対象 原則として港区内在住・在勤・在学の方
募集人数 100名
受講料 2,500円(全6回)
申込締切 2009年5月29日(金)消印有効
申込方法 はがきに、次の事項を明記して下記へお申し込みください。
1.氏名(フリガナ)
2.性別
3.年代
4.住所(郵便番号)
5.電話番号
6.港区在住・在勤・在学のいずれか

※個人情報の取扱いについて
明治学院大学では、受講生の皆様の申込時における個人情報については、「学校法人明治学院個人情報保護基本規程」に沿って厳重に管理いたします。これらの個人情報は、明治学院大学公開講座のご案内用としてのみ利用いたします。第三者には提供いたしません。
申込先 〒108-8636 港区白金台 1-2-37
明治学院大学 総務課 港区民大学講座係

問合せ先

明治学院大学 総務課 港区民大学講座担当
TEL 03-5421-5112
FAX 03-5421-5454

受付時間 平日9:00 - 12:00、13:00 - 16:25


明治学院大学の教育理念 Do for others