2014年度 港区民大学講座(白金キャンパス)

暮らしの中の法律―対談:法律は私たちの生活を守ってくれるか?― (企画:法律科学研究所)

「社会あるところ、法あり」という法格言に示されるように、法律は私たちの日々の暮らしと深く関わりがあります。また、法律は私たちの安全や健康、そして財産や権利を守ってくれるものでなければなりません。たとえば、刑法は私たちを犯罪から守り、民法は自由な取引を守ってくれています。
ところで、私たちの生活や社会のスタイルが複雑化・多様化すればするほど、法律はその変化に対処しなければならないわけですが、きちんと対処できているのでしょうか。あるいは将来、法律はどのように変化していくべきなのでしょうか。
今回の講座では、税率10%時代を迎える消費税の行方(第1回)など、6つの喫緊のテーマを取り上げます。そして「ものの見方や考え方」も複雑化・多様化していることから、1つのテーマに2~3名の講師を置き、対談形式により各講師の見解を明らかにしながら、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

開講スケジュール

 講日講演テーマ講演者
第1回 10月7日(火)
18:30~20:15
対談! 消費税
-税率10%時代の軽減税率-
渡辺充(明治学院大学法学部長)
中里実(東京大学教授、政府税制調査会会長)
第2回 10月10日(金)
18:45~20:15
政治参加と公職選挙法
―知らなかった、で済まされない選挙違反―
川上和久(明治学院大学法学部教授)
三浦博史(一般社団法人日本選挙キャンペーン協会専務理事、アスク株式会社社長)
第3回 10月14日(火)
18:45~20:15
ワインと法律のおいしい関係
-消費者のためのワイン法とは?-
蛯原健介(明治学院大学法学部教授)
村上安生(サントリーワインインターナショナル株式会社生産研究本部シニアスペシャリスト)
第4回 10月17日(金)
18:45~20:15
高齢化社会と消費者法
-深刻化する高齢者の消費者被害とその支援-
角田真理子(明治学院大学法学部准教授)
穴沢大輔(明治学院大学法学部准教授)
古屋博子(内閣府本府政策調査員)
第5回 10月21日(火)
18:45~20:15
電子マネーとビットコイン
―お金はどう進化していくのか―
加賀山茂(明治学院大学法学部教授)
岩村充(早稲田大学大学院商学研究科教授)
第6回 10月24日(金)
18:30~20:15
事業承継の法律問題
-会社法と税法の観点から-
来住野究(明治学院大学法学部教授)
西山由美(明治学院大学経済学部教授)

募集要項

開講時間 18時45分-20時15分

※第1回と第6回は、開講式および閉講式を行うため、15分繰上げて18時30分からの開催となります。
募集対象 原則、港区内在住・在勤・在学の方
会場 明治学院大学 白金キャンパス 2号館2301教室
※車の乗り入れはできません。徒歩または電車・バス等の公共交通機関をご利用ください。
募集人数 100名(先着順)
受講料 2,500円(全6回) 開講初日、受付に現金でお支払いください。受講回数にかかわらず一律で申し受けます。なお、払戻しはできません。
申込手順
  1. E-mail または往復はがきに、次の事項を明記して、総合企画室(地域連携推進室担当)までお申し込みください。
    1. 氏名(フリガナ)
    2. 性別
    3. 住所(郵便番号)
    4. 電話番号
    5. 港区在住・在勤・在学のいずれか
  2. 申込みの確認次第、E-mailまたは復信はがきにて受講票をお送りします。
  3. 開講初日に受講票(E-mailを出力したものまたは復信はがき)をご提示のうえ、受講料をお支払いください。

※個人情報の取り扱いについて
明治学院大学では、受講生の皆様の申込時における個人情報については、「学校法人明治学院個人情報保護基本規程」に沿って厳重に管理いたします。これらの個人情報は、明治学院大学の講座・セミナー等のご案内用としてのみ利用いたします。第三者には提供いたしません。

申込期間 2014年9月30日(火) 消印有効
※定員超過の場合、期限内であっても受講をお断りすることがございます。あらかじめご承知おきください。
申込先 往復はがきの場合 : 〒108-8636 港区白金台1-2-37 明治学院大学 総合企画室(地域連携推進担当)宛
E-mailの場合 : skoukai@mguad.meijigakuin.ac.jp
パンフレット
パンフレット (PDF / 1.2MB)

お問合せ先

明治学院大学 総合企画室(地域連携推進担当)
TEL 03-5421-5247
FAX 03-5421-5387

受付時間 平日9:30 - 12:00、12:45 - 16:00