湯沢英彦先生が『魂のたそがれ』を刊行されました!

●湯沢英彦著 『魂のたそがれ』

ユイスマンス、ジャン・ロラン、メーテルランク、ラシルドなど、
19世紀末を生きた作家たちの作品を読み解きながら、
魂のありかを見失った「終わり」の時代の人々の、 迷いと焦りと闘いを浮かびあがらせる渾身の評論。

(水声社ホームページより:http://www.suiseisha.net/blog/?p=2519)


フランス文学科トップ
お知らせ

Copyright (c) Meiji Gakuin University All rights reserved.