湯沢英彦

プロフィール

生まれたのは1956年9月14日、東京出身です。大学までずっと東京暮らし。 大学院のときにフランスに長期留学してパリに3年半ほどいました。 当時「狂牛病」が猛威をふるっていたため、やりたくても献血が許されないからだとなっています。 でも脳がグラグラ溶けだすような危ない症状がでているのではなく、日本政府の杓子定規な方針のためですのでご安心を。 留学中、博士論文をなんとか仕上げたのですが、よくまあ街を歩きカフェに通い、よくまあワインも飲みましたね、まったく。 思い返すと呆れますが、でも仕事も遊びも、絞るときと緩めるときのパターンも、現在とあんまり変わらない気もする。 そう簡単にひとは変わらないみたいですね、ハハ。 留学中に自分の形ができあがった、というべきなのかもしれない。 パリ暮らしは、それ以後の滞在も含めて合計6年くらいです。 最近はパリにゆくときは、2004年に1年住んですっかり気に入った、バスチーユ近くのマレ地区 (17、8世紀由来の建物が多い古い界隈ですが、現代アートのギャラリーも多い、洒落たブティックも多い、おいしいビストロも多い) のホテルに泊まることにしています。そのうちこの辺で会えればいいですね。きっとフランス文学科にきてよかったと心から納得してもらえるでしょう。

明治学院のフランス文学科には1993年に着任して、もう17年も経ちました。 あともう少しで、新入生が生まれたときにすでに教えていた、という、 つまり彼ら彼女らが天使のような赤ちゃんのときにぼくは真顔で大学で 「私くる、君くる、彼くる、彼女くる」なんていうフランス語を教えていたという、 あーそうか、とうとう来たかと、なんともその距離感を心理的に処理しがたい事態となります。 やれやれ、まあ、そんなもんでしょう。 担当科目は、横浜校舎では全員必修の「フランス文学概論」やフランス人教員とのペアの語学科目などが多いですが、 09年度はめずらしく1年生に文法を教えています。白金ではゼミのほかに「現代芸術論」をこのところ継続して担当しています。 年によって学生の反応、こちらの印象、いろいろですが、これだけ長く教えていてももう飽き飽きという気分にはなぜか遠く、 フランス語やフランス文化の話をなかだちにした学生とのコミュニケーションが毎年楽しみだし、 そこから専門家との交流とは違う、なにか新鮮でなにか不思議なものが得られる、というのが偽らざる実感です。

専門領域

主たる研究フィールドは、と話は固くなりますが、でもまあそう固くならずに柔らかくいえば、 フランスの19世紀後半から20世紀前半の文学・美術で、それに加えてフランスの現代アート、美術思想です。 作家でいうならば、『失われた時を求めて』という長い長い小説を書いたマルセル・プルーストと、クリスチャン・ボルタンスキーという現代フランスの芸術家です。 どちらも「記憶」が大きなテーマで、ですからひろく「記憶」にかかわる事柄がおおきな関心事といえるでしょう。
主要著作としては、プルーストに関しては『プルースト博物館』(共訳、筑摩書房)、『プルースト的冒険――偶然・倒錯・反復』(水声社)、 現代アート系で『クリスチャン・ボルタンスキー 死者のモニュメント』(水声社、この本は2004年度吉田秀和賞を受賞)を挙げておきます。

現在の仕事としては、プルーストがらみのものがまず一つ。 これがホントに面倒で、話しだすと長くなるのですが、簡単にいえば、このプルーストという作家は、小説の原稿を原稿用紙に書かずにノートに書きました。 加筆訂正も多い、多いというか、その多さは過剰で異常で場所によっては見ると眩暈がするほどで、ヴィジュアル的にも面白いくらいですが、 この作家のことばとの格闘には、まさに鬼気迫るものがあります。 そのノート自体もたくさんあって、そのうちの一冊をぼくが担当し、それをきちんとした形に整理して出版する、という仕事をフランスの共同研究者とやっています。 フランスの研究チームではぼくの担当したカイエ26(フランス語ではノートを「カイエ」といいます)は来年3月出版といっていますが、まあ無理なものは無理でしょう〔笑〕。 もうひとつは、雑誌連載のかたちですが、19世紀末のフランス文学中心の話題で書いていて、タイトルとしては「魂のたそがれ」と銘打っています。 これがどういう意味か、どういうニュアンスかをわかってもらうのはたいへんですが、一挙に要約すると、ひとがひとであることの根っこみたいなものを、 どこに求めたらいいのか分からなくなった時代に、つまり「魂」なんてどこにあるの、となったときに、 では身体や肉体になにが求められ、またその身体や肉体がいかなる傷や病や痛みや歪みをこうむったか、という視点で、かなり危なくきわどい話が続いています。 そんなところでしょうか。

趣味

「趣味」なんて書くんでしょうか。書くのかな? 見るのも聞くのも話すのも、飲むのも食べるのも、ふらふら歩くのも旅するのもみんな好きだし、 月のウサギを見ても面白いし木の根を見ても面白いし、星がでても妖怪がでても、お、いいなと思いますが、 なにより真剣に考えることも、すべてないことにして戯れるのも大好きです。 でもそんなことは「趣味」ではなく生きることだといわれてしまえばその通りで、 でもだからといって「生きることが趣味です」などという科白は野暮の骨頂と思え、だから告白しましょう、ハイ。 そうですね「趣味」はふたつ、ひとつはまったく自己流ですが永遠の生命(!)と身体技法にかかわるもので、 もうひとつは「免許皆伝」となった、美と精神にかかわる「道」ものです、ハハハ。なんだか知りたくなった方は、ゼミの飲み会にでもきて下さい。では、お待ちしてます。

ゼミ紹介

さきほど、もう17年も明学仏文で教えていると書いて、それでいったい、4ゼミで何をテーマにやってきたのか思い返してみたくなり、手元にメモなど残っていないのですが、記憶を頼りにリストアップしてみます。

1993年 ジェラール・ド・ネルヴァル『東方紀行』
1994年 20世紀初頭の芸術における「機械」のテーマ
1995年 アンリ・ミショーの詩と芸術論
1996年 ポール・ヴェルレーヌ詩集
1997年 (フランス滞在のため休講)
1998年 ボードレール『悪の華』
1999年 「文化遺産」の諸問題、その歴史と現状
2000年 「人体」のイメージ誌
2001年 現代アートにおける「記憶」の問題
2002年 同上
2003年 ボードレール『悪の華』
2004年 (フランス滞在のため休講)
2005年 「廃墟」について
2006年 写真家アジェとその時代
2007年 メーテルランク『ペレアスとメリザンド』
2008年 20世紀彫刻と人体
2009年 画家オディロン・ルドンと世紀末

こう書き出してみると、自分でも何ものだかよくわからなくなるくらいのバラツキ加減ですが、次第に純文学系からひろく芸術や文化史に関するテーマに移行しているようです。 それにしてもよく覚えているものだと感心してしまいますが、覚えているのはテーマだけではなく、その年その年の学生諸君の顔も、 すくなくとも4、5人ははっきり思い出せて懐かしい限り。それは多分、明学仏文における4ゼミが卒論指導も兼ねているからで、 学生ひとり一人との交流の密度も相当に濃いからでしょう。秋深まってくると卒論指導も佳境にはいってきますが、 一番大事にしていることは、とにかくその学生の独特のセンスや関心がうまく生きるように、ということにつきます。 つまり、型にはまった論文を書かせて専門家の卵を養成しようとするのではなくて、誰にもまねのできないような「作品」をつくってもらう、ということです。 これがなかなか大変なのですが、毎年毎年、あの手この手でその気にさせて、なんとか完成までこぎつけてもらっています。 だから、どういう局面でもタイミングでもいいですが、積極的にコミュニケーションをとってもらえると助かります。

3ゼミのほうは、担当科目の都合で毎年やるわけではないのですが、テーマは4ゼミと似たり寄ったりです。今年はバタイユやエリアーデという思想家や宗教学者の本を読みながら「聖なるもの」について考える、ということをやっています。でも何をやるにしても、まったく予想外の思考や感覚に触れて、そこから自分がなにを刺激として引き受け、それをどう加工して編集して人に語るか、ということです。ですので、適当にお行儀のいいレポートなどよりも、考えて考えて、でも途中であえなく難破、というレポートのほうが高評価ということによくなります。ともあれ、何か具体的個別的なテーマでものを考え、それに触発されて自分の頭や心がどう反応するか、そんな時間に興味がわけば、どうしようかとゼミ選択のときに悩んでみてください。

ゼミ生たちの感想

2001年度卒 原田明紀 : 4年次、湯沢ゼミについて

扱っていたのは、現代アーティストであるクリスティアン・ボルタンスキーです。このゼミのテーマをあえてあげるならば、「死・記憶・保存」、ですが、その重厚なテーマにも関わらず、先生の人柄を反映して、ゼミの雰囲気はまったくと言っていいほど堅苦しさもなく、自由に発言できる空間となっています。  テクストは、ボルタンスキーについてのフランス人によるフランス語の論文を用いますが、彼についての日本語の論文が少ないので、英語の論文を扱うこともあり、そのほかにも多方面にわたって、私たちの理解を深めるための教材が用意されています。  ボルタンスキー以外の現代アーティストの比較などは、具体性を持って学習できるところが、魅力的と言えます。現代アートに詳しくない学生でも、すんなりと話しに入ってゆけるような非常に分かりやすい導入をしてくださいます。また、フランスの文化政策や、社会状況、現代思想といった、幅広い領域についての講義が盛りだくさんで、非常に意欲的に、楽しく取り組むことができます。  ゼミにおいては、毎回、問題提起がされ、学生自身の考察を導く構成となっています。そのため、テクストがなかなか進まないこともあるほどです。ゼミの時間はとても短く感じます。   そして、卒論についてですが、学生がテーマに選んだものは、現代アートに限らず、様々なもので、先生の講義の豊かな成果があらわれていると、言えると思います。  4年間の集大成とも言える卒論について、適切で親身になった指導が、受けられることは私たちにとって、非常に幸福なことと言えるでしょう。  私にとって、このような充実した時間を過ごせたことに、本当に感謝をしています。


フランス文学科トップ
教員紹介

Copyright (c) Meiji Gakuin University All rights reserved.