卒業生からのメッセージ
2016年6月13日

初心者から明治学院で学んで研究者に

明治学院大学を卒業し、2010年から私はその母校で教壇に立っています。フランス語を教え、フランス文化を伝え、また翻訳の仕事もしたりしていますが、入学以前にフランス語を習ったことは全くなく、フランス文学についてもほとんど何も知りませんでした。では、なぜ、どのようにフランス語やフランスに関わる仕事に就くことになったのか?それはこの大学のフランス文学科に、学ぶ環境が整っていたからだと思います。フランス語を基礎から学ぶことができ、様々な時代の文学を扱う講義が揃い、また映画や美術、歴史などを知ることもできる。もちろん学生の頃は知らないことだらけでしたから、図書館に行っては関連する本を手に取り、少しずつ自分なりのフランスを開拓していきました。

とはいえ、もっとも私とフランスの関係が変わったのは、大学の協定留学のプログラムで約1年をフランスで過ごした時です。フランス語を日々使って生活する楽しさを味わい、日本とは全く異なる日常を過ごし、多くの友人と出会う中ですっかりフランスに魅了され、帰国した時には大学院へ進学して勉強を続け、もっとフランスと関わっていきたいと思うようになっていたのです。

こうして私は明治学院大学の大学院の修士過程を経て、博士課程まで進学し、その後はパリ第7大学に留学して指導を受けながら研究を進め、帰国後は博士論文を書いて博士の学位を得ることができました。留学中も論文の執筆中も楽しいことだけではありませんでしたが、パリでの生活は充実したもので、また長年かけて調べてきたものが論文という形になる喜びは、かけがえのない経験になっています。

講義を行う今では、常にフランス語と関わり、フランスのことを調べ続ける毎日で、日本にいながらフランスと離れることのない生活を送っています。大学入学当時、私にとってフランスは未知の文化と未知の言語の遠い国でした。フランスは奥が深く、フランスのことがわかったとは今でも簡単に言うことはできません。しかし少なくとも明治学院大学で学ぶ中で、フランスは私の中に接ぎ木され、そしてそのおかげで日々新たな発見と楽しみを得ることができています。  卒業生として、明治学院大学のフランス文学科で学ぶ皆さんにとってのフランスが、それぞれの人生を豊かにしてくれるものになるように願い、また教員として、それをサポートしていきたいと思います。(M.E)


※写真1枚目・・・留学先のパリ第7大学
※写真2枚目・・・パリ国立図書館

2014年12月3日

出会いを大切にする仕事

はじめまして。 2012年度卒業生の守谷美穂と申します。

現在は株式会社ノジマというIT・情報・通信機器を扱っている業界の人事部で
新卒採用担当をしています。
毎日横浜みなとみらいのオフィスにて、
多くの学生の方々とお会いし、説明会や面接などを行っています。

続きを読む

2014年4月28日

エマイユの世界

在校生のみなさん、こんにちは。2002年度生の飯田と申します。
現在、フランス中部のリモージュという街でエマイユを使ったアクセサリーを作っています。
エマイユとは七宝焼きのことですが、リモージュは « capitale des arts du feu »と言われるほど、
陶器、ガラス細工、エマイユ(émail)で知られている町です。
特にリモージュ焼きは聞いたことがある方もいるかもしれません。

続きを読む

2013年3月15日

コンサルタントの仕事

こんにちは。
2003年度生の手嶋と申します。

皆さんは、明治学院大学のフランス文学科にたいしてどんなイメージをお持ちでしょうか。私は、大好きな小説の作家がたまたまフランス人で、その中のひとつを訳した先生が明治学院にいらしたので、この大学を選びました。フランス文学科の先生方は、何に対しても親身に相談に乗ってくれる優しい先生ばかりでした。また4年次にはリモージュへ留学して学ぶこともでき、充実した学生生活でした。大学生活や留学先で学んだことは、今の私に大いに役立っています。

続きを読む

2013年3月15日

「ありがとう」への感謝

私は2008年度に明治学院大学文学部フランス文学科を卒業し、現在、日本航空で客室乗務員として働いています。 就職活動が始まった際、私は自分が内定をもらえるか不安だったため、早めにセミナー通いやOG訪問を始めました。当初はとくに就きたい仕事がなく、いろんな企業を受けてその中から自分に合うものを選ぼうと思っていました。

続きを読む

2013年3月15日

卒業生のパリ案内

2011年度文学部フランス文学科卒業生で、現在カメラの仕事をしています。

在学中から仕事を始めて、卒業後もカメラマンとして自活していくことを目標に、今はフランス関係の記者会見での撮影や出版業務に携わっています。自分が大好きなフランスと写真で仕事ができることが何より幸せです。まだ駆け出しカメラマンですが、日々充実した毎日を送っています。これからもいい写真を撮るため、頑張っていきたいと思っています。

続きを読む

2013年3月15日

人の心と会話できる音楽

みなさんこんにちは。私は、明治学院大学フランス文学科を2009年に卒業し、現在、音楽プロデューサー、作曲家、作詞家、編曲家として、Carlos K.の名で活動しています。

大学在学中から曲作りを始め、テレビCMに楽曲を提供した事がきっかけで作曲家デビューを果たすことができました。以後、数々のアーティストの方々と一緒に仕事をさせていただいています。

続きを読む