お知らせ

杉本圭子先生翻訳『恋愛論』の下巻が刊行されました!

杉本圭子先生が翻訳された『恋愛論』(岩波書店)の下巻が刊行されました!

●スタンダール作、杉本圭子訳『恋愛論(下)』

「恋は専制君主のうちで最も傲慢な輩であり,一切か無かどちらかしかない」――1882年の出版後も,スタンダールが生涯をかけて取り組んだ無類の書物。下巻には女子教育・結婚制度を論じる第五十四章以下と,箴言や考察からなる「断章」,序文や短篇小説などを収録,詳細な注を付す新訳。(全2冊)

(岩波書店ホームページより:http://www.iwanami.co.jp/search/)