野球部 首都大学リーグ開幕 初戦の大東大に勝利!

2015年度の途中より指導体制が変わった明治学院大学(以下、明学大)野球部。
4月2日(土)に首都大学リーグの開幕戦を迎えました。
対戦相手は大東文化大学(以下、大東大)で会場はサーティーフォー相模原球場です。
なお、この試合は明学大野球部の新ユニフォームお披露目の試合でもありました。

試合開始早々の1回の裏、明学大は2アウト2.3塁のチャンスを掴み、5番の遠藤さんが
ライト線を破る2点タイムリー2塁打で先制。2回の大東大のチャンスはダブルプレイでしのぎ、
3回を終わって明学大2-0大東大とリード。
ただし、この段階では明学大はヒット1本(タイムリーヒットのみ)と、なかなか打てません。

5回の裏の攻撃で2本目のヒットが出ますが、ダブルプレイでチャンスをつぶしてしまいます。
7回の大東大はノーアウトでランナーを出しますが、先発の水沼さんが連続三振で踏ん張ります。
明学大2-0大東大のまま8回裏の明学大の攻撃、追加点が欲しいところでタイムリーヒットが出ます。
2アウト、1.2塁で難波新監督が動きます。期待にこたえた代打の越智さんが、センターオーバーの3塁打を放ちます。
明学大4-0大東大となりますが、その後もバッテリーのミスで3塁ランナーも帰って、明学大5-0大東大となります。











投げては水沼さんが大東大を完封に押さえ、明学大がオープニングゲームを見事に勝利しました。
なお、翌日は東京経済大学(以下、東経大)をホームに迎えて第2戦が開催されましたが、
こちらも明学大4-2東経大と勝利し、2連勝と幸先の良いスタートをしています。





次の試合は、4月10日(日)10時半~黎明館戸塚グラウンドで第3戦(VS獨協大学)が開催されます。
ホームゲームですので、是非皆さんの応援をお願いいたします。