野球部 リーグ戦 VS 獨協大学

首都大学リーグ2部に所属する明治学院大学(以下、明学大)野球部ですが、秋季リーグ第2戦の獨協大学戦(以下、獨協
大)が、9月6日(火)10時半~獨協大グラウンドで開催されました。明学大は初戦では、大東文化大学に1-0で完封勝ちを
しています。 連勝で好スタートを切りたいところです。

1回の表、明学大の攻撃は三者凡退。その裏、獨協大の攻撃は明学大のエース、水沼さんに襲いかかります。先頭打者が
2塁打で出塁、2番バッターがタイムリーと、二人の打者であっという間に先制点を上げます。その後は、水沼さんが獨協大
打線を抑え、初回は最小失点に抑えます。









3回まで無得点の明学大は円陣を組みます。4回表は2番からの好打順でしたが、チャンスを作れません。5回の明学大は、
先頭の関谷主将が2塁打で出塁。次のバッターのセカンドゴロで3塁を狙いますが刺されてしまいます。6回の明学大の攻撃
は1番からの好打順で、2アウト1、2塁の好機を掴みますが後続が三振に倒れます。 一方、初回に1点を失った水沼さんは、
2回以降は危なげないピッチングで獨協大打線を抑えます。

7回の表の明学大の攻撃のタイミングで獨協大はピッチャーを変えてきます。関谷主将から始まった攻撃はヒット、四球、送り
バントで1アウト2、3塁と絶好のチャンスを作ります。ところが後続が三振、ショートゴロに倒れます。8回の明学大の攻撃も、
2アウトから2塁打でチャンスを掴みますが、次のバッターはライトライナーに倒れます。

明学大の水沼さんは8回裏までひとりで投げ切り、獨協大打線を1点に抑えます。9回、明学大の最後の攻撃は2アウトでランナー
なし。ここで代打がセンター前にヒット。代走が出て盗塁を決め得点圏に走者を進めます。最後の最後まで粘った明学大ですが、
続く代打がいい当たりを打つもセカンドライナーに倒れゲームは終了します。
水沼さんが獨協大打線を1点に抑えましたが、結果的にその1点が明学大に重くのしかかった試合となりました。明学大はこれで
1勝1敗。次の試合は、9月10日(土)13時~VS足利工業大学(明学大G)になります。