女子バスケットボール部 秋草短期大学戦

9月19日(土)12時40分より、神奈川大大学湘南平塚キャンパスで、女子バスケットボール部のリーグ戦、
第6戦秋草短期大学(以下:秋草短大)戦が開催されました。

女子バスケットボール部は3部リーグに所属、今期はまだ1勝ですが僅差で惜敗の試合も多く、
入れ替え戦を回避するためにも2つ目の勝利を確保したいところです。

試合は第1ピリオドから秋草短大ペースで進められます。相手のシュートの精度が高く、
ディフェンスもしっかりしており、明治学院大学(以下:明学大)の攻撃は外からのシュートが
中心で単調になります。また、リバウンドも取れず、前半が終わって明学大20-32秋草短大となります。




後半に入って明学大のディフェンスが良くなります。秋草短大は前半の明学大同様に外からのシュートが多くなり、
シュートの精度が落ちます。また、明学大のリバウンドの支配率も高くなり、試合の展開は明学大に大きく傾きます。 第3ピリオドが終わって明学大35-41秋草短大となり、試合終了6分の段階で明学大40-41秋草短大まで追い込みます。 ところが、ここから逆転できません。秋草短大が再度流れを掴んで、試合は明学大46-53秋草短大で終了となりました。
第1ピリオドの明学大9-18秋草短大が響きました。 なお、翌日開催された了徳寺大学戦は、明学大78-48了徳寺大学で明学大の完勝。これで3部残留が決定しました。
今後は10月3日よりスタートする順位戦を戦うことになります。