バスケットボール部(女子) 関東大学リーグ順位決定戦 VS神奈川大学

関東大学女子バスケットボールリーグ順位決定戦、神奈川大学(以下、神奈川大)戦が
10月16日(日)11時~本学体育館で開催されました。
明治学院大学(以下、明学大)にとって順位決定戦の最終試合になります。4年生は引退試合です。

第1クォーターは静かな展開で、2分に明学大4-6神奈川大、4-8と神奈川大がゴール下への鋭い切り込みを見せます。
その後、両大学のシュートの入らない時間が続きます。5分、明学大の3ポイントが入り9-8と逆転。
その後、11-8、13-8と展開して第1クォーターは明学大21-15神奈川大で終了。
神奈川大はシュートが入らず、ミスも多いように感じます。

第2クォーター、神奈川大の3ポイントを含めた連続ゴールで23-22に。3分が経過し今度は明学大が連続ゴール。
27-22、30-22と明学大が好調です。ところが7分に32-24になってから明学大の攻めがロングシュートだけで単調にになります。
またシュートが入らなくなります。神奈川大にリバウンドも制され前半は明学大32-31神奈川大で終了します。














第3クォーター、神奈川大の先制で逆転。神奈川大もミスが多いのですが、明学大もシュートが入りません。
32-37、32-41、32-46と完全に神奈川大のペース。リバウンドも取れない状態で、
終了間際に連続ゴールを決めるも、
明学大41-57神奈川大で第3クォーターは終了します。


第4クォーター、神奈川大のディフェンスに明学大はミスが続きます。3分に43-61となります。
神奈川大も決してシュートは入りません。ただしリバウンドが取れるため攻撃が続きます。
明学大もこの日が引退試合の4年生がチームを引っ張ります。5分に53-63となり、その後3ポイントも入り58-65、
7分には61-65と追いかけます。一時は18点差がついていたのが4点差になり、OBからも「追いつけるぞ」と声がかかりますが、
最終結果は明学大63-68神奈川大で試合は終了しています。














明学大は順位戦は上位グループに入りましたが、5敗で3部リーグの6位でシーズンが終了しています。