ラグビー部 対抗戦(第4戦)VS上智大学

10月16日(日)ラグビー部が対抗戦第4戦、上智大学(以下、上智大)戦をヘボンフィールドで迎えました。

試合は静かに進みます。
10分、上智大が明治学院大学(以下、明学大)陣地で試合を進めますが明学大ゴール前で反則。
明学大は固いようでセットプレイが安定せず、ミスも多く感じます。
11分、明学大15番のゲインからトライで先制。明学大5-0上智大となります。23分にも右サイドから順目に左に展開。
14番が左サイドを駆け抜けてトライ。明学大12-0上智大。
29分、32分、39分には上智大陣地でのラインアウトからモールを組みトライをあげます。41分にも6番が密集を抜け出てトライ。
前半は明学大38-0上智大で終了します。













後半は開始3分、ビックゲインを左に展開。バックスを余らせて左隅にトライ。明学大45-0上智大。
6分にも上智大自陣の敵ボールのスクラムを明学大が反対に押し込み、左サイドに展開してトライをあげます。
10分にも敵ボールのスクラムを奪って9番がキック、そのボールを抑えて明学大57-0上智大に。
14分、16分にも連続トライで69-0。35分にもトライをあげますが、反対に試合終了間際に上智大が自陣より大きくゲイン。
個人で強引に持ち込まれて、この試合初失点となります。ロスタイムには明学大がスクラムから8番、9番とつなげた後に
バックスに展開。トライを上げて明学大81-5上智大で試合は終了しています。














これで明学大は4連勝。グループで負けなしは立教大学と明学大の2チームになっています。
11月27日(日)の立教大学との直接対決まで負けられません。
この試合、大勝しましたがラインアウトの安定が課題にも感じられた試合でした。

次の第5戦は、10月30日(日)14時~一橋大学戦(ヘボンフィールド)になります。
改修前の最後のヘボンフィールドにおける公式戦になります。