日本学生支援機構奨学金(JASSO)
http://www.jasso.go.jp/

日本学生支援機構の奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。
奨学金貸与終了後は、返還の義務が生じ、必ず返還しなくてはなりません。



2017年度 新規申込(定期採用)について 2017年3月22日更新 (4月13日:新入生向けに給付型奨学金説明会案内を追記)

■ 新入生の方へ

●給付型奨学金説明会のお知らせ(2017年度入学生のみ対象)
今年度から、日本学生支援機構が一定の条件を満たす学生に対して給付型奨学金制度を実施することになりました。
この制度は高校から予約することが原則ですが、今年度に限り大学入学後に採用を行うこととなっていますので、
2017年度入学生の方で出願資格を満たす方は、以下のリンクを確認し出願資格を満たしていることが確認できる書類を用意したうえ、
以下の説明会に出席してください。
説明会に出席できない学生は、出願資格を満たしていることが確認できる書類を用意し、横浜学生課窓口に来てください。
日時:4月27日(木)12:30~13:20
場所:横浜校舎420教室
本件に関する問い合わせ先:横浜学生課奨学金担当 045-863-2029

●新規申込希望者
4月4日(火)または5日(水)に横浜校舎にて学部ごとに奨学金説明会を実施しますので、必ず出席してください。
(時間と場所は「入学式のご案内」参照)

●高校からの予約採用候補者(新入生)
採用月ごとに、採用説明会を実施いたします。詳細はポートヘボンで対象者にお知らせいたしますのでご確認ください。
4月4日(火)または5日(水)に横浜校舎にて学部ごとに予約採用者対象の奨学金説明会を実施します。
進学届の提出に必要なIDとパスワードの配布を致しますので、必ず出席してください。
(時間と場所は「入学式のご案内」参照)

持参するもの:

  • 「平成29年度大学等奨学生採用候補者決定通知」の入った封筒一式
  • 学生証

※なお、入学時特別増額貸与奨学金申込者で採用候補者決定通知に「日本政策金融公庫の手続き必要」
と記載がある場合は、手続きに必要なIDとパスワードをすぐにお渡しできないことがあります。
採用候補者決定通知をよく読み、必要書類をご用意ください。

■ 上級生の方へ

4月に奨学金説明会を実施します。以下のリンクでご確認ください。

●横浜校舎(対象:新2年次生および国際学部新3~4年次生)

●白金校舎(対象:国際学部を除く新3~4年次生)


手続き校舎について

2年次生は原則横浜校舎での手続きとなりますが、履修登録状況により白金校舎での手続きに変更することが可能です。


緊急・応急採用制度について


日本学生支援機構には「緊急採用」(第一種奨学金)、「応急採用」(第二種奨学金)があります。
家計の急変(家計を支えている方の失職、病気、破産、災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合は
随時学生課窓口で相談してください。

2017年3月に満期を迎えた方へ 2017年3月22日更新

●リレー口座未加入の学生
  金融機関でリレー口座の登録手続きをし、預貯金者控のコピーを所属校舎の学生課窓口に提出してください。
●2017年4月以降も大学に在学する学生
  在学中、返還の猶予を希望する場合は、「在学届」の提出が必要です。
  学生課窓口にお越しください。

海外留学奨学金(貸与型)について 2017年3月22日更新

■第二種奨学金(短期留学)の募集について

海外の大学等へ短期留学(3ヶ月以上1年以内)を希望する学生に奨学金を貸与する制度です。
留学開始時期別に募集を行います。

 留学開始時期募集時期採用決定時期募集状況
1回目
2017年4月~7月 2017年1月 2017年2月下旬 終了しました
2回目
2017年8月~11月 2017年4月 2017年6月下旬 NEW!!
願書配布・出願受付中
3回目
2017年12月~2018年3月 2017年7月 2017年10月下旬 準備中

■第二種奨学金(海外)予約の募集について

学位(学士、修士または博士)取得を目的として海外の大学または大学院に進学を希望する学生に奨学金を貸与する制度です。

■第一種奨学金(海外協定派遣対象)の募集について

日本学生支援機構の「海外留学支援制度(協定派遣)」に採用された者で、3ヶ月以上1年以内の期間で
短期留学する学生に奨学金を貸与する制度です。