ひとり暮らしのための防犯対策

大学入学と同時にひとり暮らしを始めると、思わぬトラブルや危険な場面に出くわすこともあります。自分だけは大丈夫と油断しないで、次のことに注意して楽しい学生生活を送りましょう。


1.戸締まりをきちんとしましょう。

  • 家に入ったらすぐにドアの鍵をかけましょう。
  • 寝るときは2階以上の部屋でも、窓とベランダに面した出入口の鍵は必ず閉めましょう。
  • 外出するときはドアだけでなく、すべての窓とベランダに面した出入口に鍵をかけましょう。

2.来訪者には慎重に対応しましょう。

  • 必ずドアスコープで来訪者を確認して、相手の身分と用件を聞くまでは、チェーンを開けないようにしましょう。
  • 心当たりのない荷物や突然の検査訪問は、送り主や検査会社へ必ず連絡しましょう。
  • 「隣人の荷物を預かってほしい。」と言われても断わりましょう。
  • 訪問販売は部屋に入れてしまうと、断われなくなります。必ずチェーンをかけたまま応対して、必要がない場合ははっきりと断わりましょう。

3.外出した時の注意

  • 夜道のひとり歩きはやめましょう。遠回りでも、明るく人通りの多い道を選びましょう。
  • 帰り道で誰かに後をつけられていると感じたら、自分の家に着く前に、迷わず近所の商店や民家に助けを求めましょう。
  • 部屋に入る直前は、周りを見渡し誰もいないことを確認してから鍵を開けましょう。
  • 高層階(2階以上)でも、帰宅したらベランダに誰かが潜んでいないか、確認しましょう。

4.その他

  • ベランダに干す洗濯物で、外から女性のひとり暮らしかどうかがわかってしまいます。洗濯物は必ず室内に干しましょう。
  • 普段から近所付き合いを心がけ、何かあったら隣人に助けを求めましょう。
  • 自分だけで対処できない場合、直ちに警察に110番しましょう。
  • 学生課では防犯ブザーを無料で貸与しています。
Back