サッカー部 東京農業大学戦 執念で引き分けに!

6月14日(日)13時10分より、ヘボンフィールドでサッカー部のリーグ戦(第7節)が開催されました。
対戦相手は東京農業大学(以下:東農大)です。
関東サッカーリーグの常連大学で、今年のリーグ戦でも上位に入ってくる大学だと思います。

前半の入りは明治学院大学(以下:明学大)が有利に進めますが、
だんだんと東農大に押されます。




試合は東農大有利に進みますが、前半45分に明学大の鈴木章弘さんが
振り向きざまのボレーシュートで先制して、前半は明学大1-0東農大で終了します。


後半に入り試合は大きく動きます。

後半10分、明学ペナルティゴール内で明学ディフェンスのファールをとられ、
東農大にPKが与えられます。
失点覚悟でしたが、明学大主将のGK小林拓矢さんが見事にセーブをし、失点を免れます。

  ↑【後半10分 東農大のPKを守護神小林が見事セーブ】

後半14分、続けざまに明学大ゴール前の反則に東農大のFK。
これを直接決められ明学大1-1東農大になります。

続いて後半20分に東農大が連続ゴールで、明学大1-2東農大になります。

後半になり流れは完全に東農大ペースですが、
後半28分、センターリングのこぼれ玉を明学大が頭で押し込み明学大2-2東農大。

せっかく同点に追いたばかりの後半30分、
明学大がペナルティエリア内のハンドでこの試合2度目のPK。
今度はしっかり決められ、明学大2-3東農大になります。

 ↑【東農大2回目のPKで 明学大2-3東農大 】

試合は残り10分になり、東農大の時間稼ぎのプレイが続きます。
プレイの遅延行為でレフリーからも注意が与えられます。
明学大の懸命の攻撃と東農大の時間稼ぎプレイ、試合の流れが段々と明学大に動きます。
ゴールポストに当たるシュート、クロスバーぎりぎりのシュート、
相手のファールでPKか…といったプレイが続きますが、
得点があげられません。






そして、後半ロスタイム4分。
明学大最後のコーナーキックで、GKを含めた全員が東農大ゴール前に集まります。
このコーナーキックが…。
入ってしまうのです!

 ↑【明学大 ロスタイム4分で同点ゴール。明学大奇跡の同点に。】

明学大3-3東農大、
歓喜の明学イレブン、一方で、信じられない表情の東農大選手たち。

試合はそのまま終了。
挨拶に来た明学大の表情は笑顔で勝ちゲームの様相でした。
「サッカーはこれだから面白い…」と東農大の応援席で現役部員がポツリと発した言葉ですが、
グランドにいた全観客の声だったと思います。
これで、サッカー部は現在10大学中の4位に位置することになりました。

次の試合は、VS國學院大學(@國學院大學):6月21日(日)13時10分~になります。

応援宜しくお願いいたします。