サッカー部 首位決戦 立正大学戦

9月20日(日)13時より、明治学院大学(以下:明学大)ヘボンフィールドで、
サッカー部のリーグ戦第13節の立正大学(以下:立正大)戦が開催されました。 第12節が終わったところで、首位明学大(勝ち点24)、2位立正大(勝ち点22)の直接対決で、 この試合の勝敗で首位が変わる可能性もあり、明学大サッカー部としても首位を不動のものにするためには落とせない試合です。 好天のコンディションで試合はスタート。試合序盤、明学大の単純なパスミスも目につき、
首位対決の硬さも感じられます。前半7分、立正大のクロスボールにヒヤリとさせられましたが、
お互いが攻めあぐねる時間が続きます。前半の終盤からは、明学大ペースで試合は進み、
立正大はボールを確保できません。しかし、前半は得点出来ないまま明学大0-0立正大でハーフタイムを迎えます。




後半に入り5分、明学大コーナーキックからの攻撃を立正大のGKが好セーブ。
20分にもシュートを打ちますがGKの正面。25分センターリングのボールをボレーで合わすも、枠から外れてしまいます。 「明学大ペースだが、得点が出来ないな…」と思っていた矢先の33分、左サイドの混戦からセンターリングをあげた立正大は、
ゴール前でフリーの選手にボールが渡り先制。明学大0-1立正大となります。

その後、選手交代をしながら攻める明学大ですが、得点ができないまま試合終了。
試合全体としては押していた明学大ですが、1点に泣きました。今シーズン初黒星です。
もったいない試合を落としたと感じます。
第13節が終わったところで、首位が変わりました。首位立正大(勝ち点25)、2位明学大(勝ち点24)、
3位東京農大(勝ち点22)、4位山梨学院大(勝ち点19)となりました。 次節は9月23日(水祝)15時~学習院大学戦(@亜細亜大グラウンド)になります。
★写真:上下グレイが明学大




 

急告:
9月23日(水・祝)の試合は、明治学院大学2-0学習院大学、立正大学1-2立教大学でした。
明治学院大学が再びリーグ戦トップに復活しています。