サッカー部 関東大学リーグ開幕 VS朝鮮大学校

35年ぶりに関東大学リーグに昇格したサッカー部のオープニング試合が、4月3日(日) 12時半より、
千葉県成田市の中台運動公園競技場で開催されました。対戦相手は関東リーグの常連、朝鮮大学校(以下、朝鮮大)です。




試合は明治学院大学(以下、明学大)のキックオフでスタート。スタートの10分はシュ ートが無く、
お互いが攻めあぐねる時間が続きます。13分、明学大にFK(フリーキック) が与えられますが、大きく外れてしまいます。
続いて23分左サイドからゴール前のパス、 ボールがグラウンダーでゴール前を左右するチャンスがありましたが、
シュートはディフェンスに当たります。20分~30分の時間帯は、明学大のシュート、コーナーキックとチャンスが続きますが、
結局前半は両チーム無得点で終了します。前半は明学大が押していたように感じます。






後半に入り1分に朝鮮大のFK、10分にもゴール前に二人で攻め込みシュートを打ちます がゴールの枠をわずかに外れます。
会場は大きなどよめきが…。後半に入り、朝鮮大のフィニッシュで終わるシーンが多くなります。
そして13分、朝鮮大が左サイドからのFKのボールを、明学大ゴール前でフリーになった選手が頭で合わせて、朝鮮大の先制ゴ ール。
明学大は朝鮮大のしつこく早いディフェンスに、思ったとおりの展開に持ち込めません。
35分、明学大の縦パスが通りますが、シュートが枠を捉えません。サポーターからため息が聞こえます。
そしてついに得点シーンが…。37分、明学大がドリブルからグラウンターのパスを大川さんから、
行武さんに繋なげ見事なシュートで追いつきます。関東リ ーグの初得点は、二日前に入学式に参加した1年生が上げました。
同点に追いつき、明学大ベンチ、サポーターも大いに盛り上がります。
ところが、同点に追いついた3分後、センターサークル付近で不用意なパスを朝鮮大にカットされゴール 前に持ち込まれます。
ペナルティゴール内でその選手に明学大が足を引っ掛けたと判断 され、PKが朝鮮大に与えられます。
これを確実に決めた朝鮮大が再度リードします。明学大も45分に朝鮮大ゴール前でFKをもらいますが、得点に結びつかずに試合終了。
35年ぶりの関東大学リーグのオープニング試合、全体的には明学大の押していたシーン も多かったように感じましたが、敗退という結果になりました。
朝鮮大のしつこいディフェンス、一方、明学大は関東大学リーグの初戦で緊張しているのか、簡単なプレイでのミスが多かったようにも感じました。








次の試合は、4月9日(土)11時半~VS東京国際大学(夢の島競技場)になります。
東京国際大学は関東大学リーグ一部の経験もある強豪大学です。皆さん、応援にグラウンドに足を運んでください。
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~19920096/G-records/data/yumenosima.htm