学割・通学定期

個人用の学割(学校学生生徒旅客運賃割引証)を利用する場合

JRを利用して帰省・正課教育・就職・クラブ活動・個人旅行などでの利用に対し発行します。1日2枚まで請求できます。有効期間は発行日から3ヵ月以内で、片道の距離が101キロメートルを超える場合から対象となります。普通運賃の割引率は2割です。

発行場所:各校舎 証明書発行機(無料。ただし学生証が必要です)


団体用の割引制度を利用する場合

課外活動やゼミなどの団体活動(8人以上、教職員引率)でJRを利用する場合、普通乗車券が5割引になる制度です。学長の承認印が必要ですので、JRや旅行代理店の窓口で「団体旅行申込書」の交付を受けたのち、学生課に申請してください。


通学用の定期券を購入する場合

駅で通学定期を購入する場合は、学生証と「通学定期乗車券発行控」が必要です。
「通学定期乗車券発行控」は、1人につき年間1枚、学生課で交付します。


通学定期券購入時の注意
  1. 通学定期は自宅最寄り駅から本学最寄り駅までの最短区間で、かつ授業を受けるための通学に限り購入できます。通学区間の変更は住所変更のとき以外は原則認めらないので慎重に検討してください。  また、通学定期は原則として自宅から白金・横浜いずれかの校舎へのものしか購入できません。なお、履修する科目の都合上、白金・横浜両校舎への通学定期が必要な方は、通学証明書を発行します。履修登録状況の確認をしますので、ポートへボンから履修確認表の履修校舎が記載されているページを印刷のうえ学生課で手続きを行なって下さい。
  2. 鉄道3社以上にわたる定期を購入する場合は、学生課で「通学証明書」を交付しますので、学生課窓口に申し出てください。

実習先への定期券を購入する場合

教育実習や社会福祉実習など、実習先への通学定期乗車券を購入する場合は、学生課へ申込んだ後、鉄道会社への申請が必要なため、通常の通学証明書に比べ発行までに時間がかかります。実習開始1ヵ月前までには必ず申請してください。
実習の期間によって回数券を購入した方が安く済む場合もあります。申請する前に各自で「経路を確認」し「費用を比較」しておいてください。

申請期限:実習開始1ヵ月前まで(厳守のこと)
申 請 先:白金・横浜の各学生課窓口
申請に必要なもの:
1.実習用通学定期乗車券発売申込書(所定用紙)・・・学生課窓口でお渡しします。
*この申込書には「実習先名称・所在地・連絡先」を記入していただきます。確認のうえ窓口に来てください。
2.80円切手・・・申請用・返信用が必要です。
*鉄道会社へ申請する際に80円切手を貼った返信用封筒を同封することになっています。封筒は大学で用意しますが、切手は利用者である皆さんに負担していただきます。切手は利用する鉄道会社分必要です。各自で経路を確認し必要枚数分を用意してきてください。(例:JRと西武池袋線を利用する場合は申請用2枚・返信用2枚の合計4枚が必要)
3.社会福祉実習の場合は、実習期間等を確認のため「実習生受入承諾書」を窓口で提示していただきますので、持参してください。



Back